熱いものを食べると歯茎の裏側が裂ける。歯磨きや歯磨き粉を工夫しても効果がないからどうしていいかわからない

口腔内は個人個人で違うもので、「この人がこうだからこれ!」とは言えるものではありません。
特に歯肉に関しては、同じ歯磨き方法をしても同じ効果がでるとは限りません。
ですから、最終的には歯科医院で診断してもらい治療方法を探していくということになります。

歯茎が弱い(傷つきやすい)原因としては、歯周病・歯肉退縮・過度なブラッシング・歯列・咬み合わせ・内科的なものが代表です。
実際に診察していないので状態がわからないのですが、歯肉裏側が裂けるというのは「歯肉クレフト」の可能性が考えられます。

過度なブラッシングで「歯肉クレフト」とになっていませんか?

歯肉クレフトとは、歯と歯肉の境目(歯頸部)がU字ではなくY字やV字になってしまっている状態をいいます。

クレフトを作ってしまう原因としては、歯周病や過度なブラッシングが主です。
クレフトが1回できてしまうと、そこに溜まった歯垢を落とすことがとても難しいので歯周病の進行が止められなかったり、歯垢を落とそうと過度なブラッシングをする事となり悪循環となって、いつまでも治せない事になります。
間違った知識で逆に引き起こしてしまうことがありますので注意が必要です。

歯周病からはじまったクレフトは、正しいブラッシングをすることが大切です。
ブラッシングとは、しっかり歯垢を落とせばよいということではありません。
歯垢だけを落とす方法で磨くということです。

歯ブラシも代える必要があります。
必ずやわらかめの歯ブラシで、クレフト部分はタフトブラシという筆のようなもので磨くのをお勧めします

歯肉クレフトに他の原因はあるのか?

このような原因ではない場合は、

  • 補綴物(ほてつぶつ=かぶせもの)の不適
  • 咬み合わせ異常
  • 歯ぎしり

が原因で起こる場合もあります。

特に、補綴物が歯肉の下まである場合、慢性的に歯肉炎を起こした状態でそこに強い圧でブラッシングをするとクレフトができます

状況をしっかりと説明して、歯医者さんと一緒になって解決できるとよいですね。

 

口腔粘膜は、体調によっても変化することがあります。
免疫力が落ちていたり、ストレスがあったりすることで炎症や異常をきたします。疲れると口内炎ができたり、熱があがると歯がういた感じになったりすることがありますよね。人により症状は様々ですが、歯茎に関しても同じ事がいえます。
規則正しい、栄養が偏らない食生活を心掛けてください。

まずは、現在の歯肉状態をしっかりと診断してもらい完治するまで歯科医院で経過を見てもらった方が良いでしょう。
ブラッシングも難しいもので、1回指導されただけでマスターできる人は少ないのです。
不安なことはしっかり相談することが早く治す為の近道です。

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 歯磨き