電動ブラシは、普通の歯ブラシより綺麗に磨けるが、歯には振動が強すぎる感じがするが大丈夫なのか?

電化製品店へ行くと、電動ブラシの種類の多さに驚きますよね。
電動歯ブラシにはメリットデメリットがあり、間違った使用法をすると口腔内に悪影響を及ぼしますので使用には注意が必要です。

歯科衛生士である私の母は毎日のように患者さんへブラッシング指導をしていますが、近年電動歯ブラシを使用されている方が多くなってきているようです。

ところが、その中の多くの方が間違った使い方をされています。
電動歯ブラシを使用する際はその電動歯ブラシにあった正しいブラッシング法の指導をうけることをお勧めします。

電動歯ブラシの種類はこの3種類

電動歯ブラシの種類は大きく分けて振動式・回転式・音波式・超音波式となります。
金額は1000円程度~数万円まで様々です。
回転以外は振動で歯垢除去をしますが、この振動数の違いがあります。

  • 振動式 2000~7000回/分
  • 音波式 3万~5万/分
  • 超音波 100万~150万/分

となっています。
振動数が多いということは、それだけ細かく磨けるということです。

ですが、超音波式は電動歯ブラシという名称がついていますが、振動が細かすぎてご自身で歯ブラシを動かすことが必要ですので気を付けてください。
ですので、自分で歯ブラシを動かしたくないの理由が強ければ音波式をお勧めします。

電動歯ブラシを選ぶ時の3つのポイント

ヘッドの小さいものを選ぶ

日本人は顎が小さい傾向があり歯列不正の方も多いです。
電動歯ブラシはヘッド(毛の部分)が大きいものが多いのでなるべくヘッドが小さいものを選んでください。

代えブラシを用意する

電動歯ブラシは代えブラシが必要です。
衛生上1か月に1回は代えて頂きたいのでコスト的に金額も重要です。
購入前に考慮しましょう。

本体の重さ

モーターが入っていますので手用歯ブラシと比べるととても重いです。
持ちやすく軽いものが良いでしょう。

歯ブラシの毛の形態はなるべくフラットなものを選んでください。
磨き方次第で部分を問わず磨くことができます。

電動歯ブラシでのブラッシング法

第一に伝えたい事があります。それは、
電動歯ブラシ(超音波除く)は「ご自身で歯ブラシを振動させないでください!」です。
多くの方が手用歯ブラシ使用の時の癖で振動させています。
これをしてしまうと、歯肉退縮、損傷、知覚過敏、虫歯の進行、歯周病進行が起こります

歯磨き粉もペーストはNGです。
泡が出にくい研磨成分が入っていないジェルタイプを使用することが大切です。
歯列不正や虫歯になりやすい、歯周病の方は必ず歯科医院で指導を受けて下さい。

電動歯ブラシを購入されたということは、より良い歯にしたいからですよね?
間違ったブラッシング法をしていたとしたら非常に残念に思います。

 

みなさん歯が生え始めてから今まで毎日歯磨きをしていますよね。
歯磨きは無意識に癖が出てしまう動作であり、正しい磨き方をマスターするには訓練が必要です。
口腔内は年齢とともに変化もありますので定期的に歯科医院でチェックすることをお勧めします。

多くの方が歯磨きは「歯の汚れを落とすためにするもの」という意識を持っていると思いますがこれは間違いです。
「歯の汚れのみを落とす」が正しいのです。
だからこそ歯磨きは難しいのです。この事を忘れないでください。

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 歯磨き