毎日歯磨きをしていても口臭が気になる。耳鼻科では問題無かったので口腔内に問題があるとすればどんなことですか?

口臭の多くは、歯に付いた汚れをしっかり取ることでかなり改善しますが、口臭の原因と対策は、耳鼻科以外ほかにもいくつかあります。

虫歯や歯周病があること

虫歯の穴に食べ物が入って腐敗したり、虫歯の菌が増殖していると悪臭を放ちます
大きな虫歯の場合は神経が腐って歯根の先に膿が溜まり、臭いの原因となることもあります。

また、歯周病によって歯の周りの組織に炎症があると、血液や膿によって口臭となります。
きちんと歯磨きをしていても、硬くこびり付いた歯石が残っていると、歯周病は進行し続けます。

歯科医院で虫歯や歯周病の治療をしっかり行うことで、口臭は改善します。

歯の詰め物や被せ物が合っていない、または老朽化していること

詰め物や被せ物に多く使われている「レジン」という人工樹脂は、数年経つと劣化し細かいキズができて汚れを吸着しやすくなります
そのため変色や臭いが現れることがあり、新しい物に詰め替えたり被せ直すことで、臭いがなくなることもあります。

また、ブリッジやクラウン、差し歯などの被せ物は、土台になっている歯との適合が悪いと汚れを完全に落とすことが困難となり、細菌が繁殖します。

同様に、入れ歯は「レジン」などの人工樹脂を使っているため、劣化すると臭いの原因となります。
新しい物に代えることで口臭がなくなることもあります。

舌の汚れ

舌の表面はザラザラした軟らかい組織のため、細菌が繁殖しやすい環境にあります。
白や黄白色の苔がついていると臭いがするので、舌用のブラシなどで優しく取り除きましょう

口呼吸

通常、呼吸は鼻でおこなう物ですが、癖や鼻づまりのため口で呼吸をしていると口腔内の雑菌が繁殖して、口臭の原因となります
意識して鼻で呼吸をするるようにし、できないときはマスクを着用して保湿することで、口臭を防ぐことができます。

全身的なもの

糖尿病、腎臓病、妊娠中や思春期のホルモンバランスの変化、加齢などによって、口臭がすることもあります。

心因性のもの

何度か口臭を指摘されると、口臭が無くなってからも自分自身で口が臭いと感じてしまうことがあります。
口臭の度合いを計る機械もあるので、客観的な判断材料として利用するのも良いですね。

 

まずは歯科医院を受診し、原因と思われることをひとつずつ改善するならば、徐々に口臭は無くなっていくと思われます。それでも口臭がするならば、ほかに病気が潜んでいるかもしれませんので、大学病院などの専門医を受診しましょう。

 

 

 - 口臭, 歯と口内のQ&A