朝昼晩と歯磨きをしても歯の黄ばみが気になります。歯の黄ばみは歯医者さんへ行かないと取れないのでしょうか。 



歯の黄ばみの原因が何であるかによって、対処の方法が違います。
主な原因を挙げますので、参考にしてください。

代表的な歯の汚れの原因はこの3つ

歯石

歯石とは、歯の表面に食べかすが残り細菌が繁殖して、唾液の成分によって石灰化したものです。
出来たばかりの歯石は白いのですが、軽石のようにたくさんの穴がありザラついているため、飲食物の色が定着しやすくなっています。

歯石は必ず歯科医院で取ってもらうことをお勧めします
市販のスケーラーという刃物を使うのは、歯の表面を傷つけて反って歯石が付き易くなったり、表面の細菌の皮膜までは取れません。
また歯の周りは軟らかい粘膜で覆われており、刃物の操作は大変危険です。

歯科医院で歯科医師や歯科衛生士の技術で安全かつ正確に除去し、専用ブラシや歯磨剤で磨くことで新しい歯石が付きにくくなります。

タバコのヤニ

タバコのヤニは、非常に強固に歯の表面に付きます、普段から専用の歯磨剤を使うと予防できますが、一度定着したものは自分で取ることは困難です。

歯科医院で専用ブラシと歯磨剤でクリーニングすることをお勧めしますが、健康保険で出来る範疇が決まっていますので、歯科医院に相談してください。

食べ物や飲み物の色素

黄ばみの原因となりやすい食べ物はカレーが代表的ですが、ほうれん草の灰汁(あく)なども黄ばみ汚れに関係することもあります。
それ以上に黄ばみの原因となりやすいのは飲み物で、コーヒーや紅茶、緑茶です。

いずれも、歯の表面に皮膜状に汚れが残っているとそこに着色しやすいため、丁寧なブラッシングや水でのうがい、口を開けたままでいる癖を改善するなどの予防が大切です。

少し研磨剤の入った歯磨き粉で磨いても取れない場合は、歯科医院でクリーニングしてもらいましょう。
高濃度フッ素でコーティングすることで、黄ばみにくくすることも期待できます。

歯の質が原因の場合

加齢

年齢が進むにつれて歯の象牙質という層が、黄ばんできます。
表面のエナメル質の内側なので、良く磨いても取れません。
ホワイトニングは、主に象牙質の色素を分解して白くします。

ホワイトニングの方法はいくつかありますが、歯科医院で行うものが最も安全で即効性があります。

歯の神経がない、または活力を失った状態にあること

一本一本の歯の中心には、神経が入っています。
神経があることで歯に栄養が送られ硬さを保ちます。
しかし虫歯や重度の歯周病、また外からの強い刺激などで神経が死んでしまうと、歯の強度が低下すると共に色も暗くなり、黄ばみや灰色に近い色になります。

歯科医院で神経の治療が終わっている歯であれば、ブリーチングという方法で歯を白くすることが出来ます。
しかし白さを保ちにくいことや強度の問題から、多くの場合はきれいな被せ物をします。

歯の表面が削れていること

酸性の強い飲食物を取っていることが多い、または歯を必要以上にゴシゴシ磨いていると、歯の表面のエナメル質が無くなり、中の象牙質がむき出しの状態になります。
象牙質は黄色みを帯びているので黄ばんで見えます。

歯科医院で歯の表面を覆う人口樹脂やセラミックを貼り付ける治療をすることで、黄ばみは無くなります。

歯を治療した材料の劣化

歯の被せ物の劣化

前歯や小臼歯の被せ物は、保険の適応の範囲内で白い物を作ることが出来ます。
しかし材料は人口樹脂(主にレジン)なので変色しやすく、飲食習慣によって個人差はありますが数年で黄ばんでくることが多いようです。

歯科医院では、保険の規定を守った上で作り代えることが出来ますので、相談してみると良いでしょう。

歯の詰め物の変色

被せ物と同様に、人口樹脂は劣化しやすいため黄ばんだり段差ができたりします。
歯科医院で相談してみましょう。

 

このように、「黄ばみ」の原因は様々です。
歯磨きをしっかりしているにも関わらず黄ばみが目立つのであれば、歯科医院で原因を調べもらい、それに対する処置をしてもらうことをお勧めします。

 

歯の黄ばみ、汚れを毎日の歯磨きでホワイトニングできます!
歯医者に通うのが面倒であれば、毎日の習慣で歯の白さを保ちませんか?
ホワイトニング歯磨き粉を使えば徐々に歯を白くしていけます。

でもどれがいいのかわからない、というのであれば↓の一覧から選んでみましょう。

たとえば、
自分の歯の黄ばみがタバコ由来ということがわかっているならレディホワイトを使ってみる、
体に優しい成分がいいな、というのであればオーガニック成分豊富なはははのはにしてみる、

などなど、選択肢はいろいろあります。
ぜひ、自分に合ったホワイトニング歯磨き粉を使ってみてください。
白い歯の笑顔は今よりもきっと素敵ですよ!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

簡単一覧で選ぶならこちらから!

名前 値段 特徴 返金保障 公式サイト
オーラパール 【初回のみ】
1,944円(税込)
【定期コース】 
3,672円(税込)
日本初、美白成分と歯周病予防成分を同時配合
これ1本でトータルケアOK
✖️
パールホワイトプロ
Ex
【その都度プラン】
8,400円(税込)
【定期コース】
初回 3,240円(税込)
※2回目〜 6,480円(税込)
3つのホワイトニング成分が歯を白くする
ブラニカ 【通常価格 】
2,700円(税別)
【定期コース】
2,430円(税別)
自然由来成分100%
アルガンオイルで歯茎をピンクに
公式サイト
レディホワイト 【そのつどプラン】
8,500円(税別)
【定期コース】
初回2,750円〜(税別)
タバコを吸う女性のために開発されたので、ヤニ汚れが気になる人へ
はははのは 【通常価格】
3,500円
初回限定 1,980円(税込)
【定期便】
7,000円
初回限定 3,960円(税込
完全無農薬の10種類のオーガニック成分が汚れから守る  
トゥースMDホワイトEx 【通常購入】
3,560円(税別)
【定期コース 】
5,690円〜(税別)
累計売上80万本突破!
研磨剤、発泡剤、合成着色料、パラペンフリー
トゥービーホワイト
デンタルビューティーエッセンス
2,138円(税込)
※専用歯ブラシ付き
植物由来成分90%
ドラッグストアで購入可能
✖️ 公式サイト
薬用ちゅら
トゥースホワイトニング
【定期コースのみ 】
3,980円(税別
※初回限定33%オフ
2回目〜 4,980円(税別) ※16%オフ
虫歯率全国ワースト1位の沖縄生まれ
PAAが汚れを浮かし、リンゴ酸が汚れから守り、ビタミンCが綺麗な歯茎へ
✖️ 公式サイト

 

 - ホワイトニング, 歯と口内のQ&A