虫歯の原因といわれるミュータンス菌は、どうにかして完全に死滅させる事は出来ないのか

虫歯の原因となる細菌の1つは確かに「ストレプトコッカス・ミュータンス」という菌です。
ただ、この菌があるから虫歯になるというわけではありません。

ミュータンス菌は、歯の表面に付着する歯垢の中に存在します。
それが糖分を分解し、酸を生産する。この酸が歯を溶かし虫歯となります。
つまり、歯垢をためなければミュータンス菌は虫歯を作りません。

なぜ虫歯菌があるのか?

生まれたての赤ちゃんの口腔内は無菌です。
それが生活とともに身近な人の唾液や、食事などを通して菌が増えます。
その感染は3歳までに定着し、一生定着するといわれています。

例えば、キスをしたり、同じ物をかじって食べたり、箸やコップなどでも感染するわけです。
遺伝ではなく、身近な人が悪い菌を多く持っていればそれだけ感染リスクが高くなるというわけですね。

口の中には300種類以上の細菌がいて、数にすると1000億個~1兆個にもなるのです。
お口の中は腸内と同じように善玉菌と悪玉菌が存在しています。
口腔衛生状態が悪いと虫歯菌や歯周病菌が増え、善玉菌は唾液の酸性を防いだり歯質を保ちバランスよくお口の中を維持する作用をもっています。

口腔衛生状態を良好に保つことが、どれだけ大切かわかりますね!

口内の悪い菌を完全に死滅できるのか?

悪い菌を殺菌できる事は証明されています。
口腔内の消毒をしたり服薬がありますが、一時的には菌の数が減ったとしても細菌は増えるものです。

口腔内の状態の改善ができなければ、いたちごっこになってしまうことでしょう。
殺菌剤もありますが、これはまず歯科医も勧めないので実行できないでしょう。
300種類以上もある菌を選んで完全に死滅させるということは不可能です

ミュータンス菌を死滅させる=他の良い菌も死滅させる事となり、口腔内はバランスを崩し、色々な弊害を起こすこととなるでしょう。

 

ミュータンス菌は死滅させることは難しいですが、増殖するのを抑制することはできます。
まずは、感染予防。
子供への口移しや食器の使いまわしは絶対に避けるべきです

次に口腔衛生管理。
ミュータンス菌は歯垢を土台にして増殖しますのでブラッシングは非常に大切です
100%歯垢を毎日除去するのは難しいので定期的に歯科医院でのクリーニングをお勧めします。

口腔内を衛生的に保ち、良い唾液を出すよう心掛けてください。
それに加え、一時的になりますがうがい薬や洗口剤の併用ができると尚良いでしょう。

 

歯の黄ばみを毎日の歯磨きでホワイトニングしませんか?
歯医者に通うのが面倒であれば、毎日の習慣で歯の白さを保ちましょう。

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 虫歯, 歯と口内のQ&A