親知らずが曲がって生えてきて口の中を傷つけてしまい、口を開くのも大変です

親知らずが生えてきて、戸惑う方も多いかと思います。親知らずは、一番奥に生えてくる歯で、まっすぐ生えている方もいれば、横に歪んで生えている方もいて様々ですね。
親知らずが生えてきた事によって、色々不具合が出てくることもあるでしょう。

親知らずは、抜いた方が良いと聞くけど、実際どうしたらいいのか?
簡単に抜けるものなのか?
など気になる親知らずの疑問についてお話していきます。

そもそも親知らずは、必要な歯なの?

人の歯は、一般的に健全な永久歯で28本生えています。
しかし、歯の本数は人それぞれになりますので、全員が28本生えてくるとは限りません。

一般的な例で言うと、その28本生えている、一番奥の歯の後ろに生えてくるのが、「親知らず」です。親知らずが、全部生えている人もいれば、もともと無い人、歯茎の中に埋まっている人もいます。
自分の親知らずがどうなっているのかは、歯医者に行ってお口全体のレントゲン写真を撮って、確認してもらいましょう。

親知らずが全部生えていて、しっかり噛み合っているようでしたら、抜く必要は無いでしょう
また、親知らずは生えているけど、違う奥歯を抜かないといけない場合は、もしかしたら、その抜いた歯の所に親知らずを「移植」して使うことができる可能性もあります。
そういう場合も、抜かないほうが良いでしょう。

しかし、大体の親知らずは、歯磨きも十分に出来ずに、虫歯にしてしまう可能性が高いのです
また、斜めに生えている場合は、一本手前の歯を虫歯にしてしまったり、歯周病を進める原因になってしまったりと、周りに影響を及ぼすことが多いのです。
こうなると、親知らずは「いらない歯」となりますね。

ですので、親知らずは早めに抜いてしまった方が良いといわれる傾向にあります。

親知らずを抜くのは大変なの?

歯を抜くと聞くと、とても怖い治療に感じますよね?
しかし、歯の生え方や状態によっては、抜く治療時間は、先生によっては数秒(一瞬)で終わる場合もあります。
もちろん、麻酔をしますので、痛みはほとんどありません。

ただ、生え方によっては、時間がかかったり、翌日以降に痛みや腫れといった症状が出る場合もあります

ですので、
自分の親知らずがどの程度の時間で抜けるのか?
抜くのに大変なのか?
といったことは、先生に質問してみるのが一番良いでしょう。

 

親知らずに関しては、他の歯とくらべると、生え方など人ぞれぞれで違います。
もし、親知らずが生えてきたことで、違和感や痛みなどが出てきたら、歯医者に行って親知らずの状態を確認してもらいましょう。
一番奥の歯で、見えない、歯磨きしずらい、と環境的には良くないですので、悪くならないうちに受診するのが一番ですね。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 親知らず