歯医者と口腔外科ってどう違うの?親知らずを抜く時は口腔外科の方がいいの?

歯科医院は、一般歯科・矯正歯科・口腔外科・小児歯科に大きく分けられます。
矯正歯科と小児歯科は分かりやすいですが、一般歯科では、全ての科を診療している医院もあります。

では、一般歯科でやっている口腔外科と大学病院や市民病院の中にある口腔外科との違いは何?と思いますよね?
親知らずを抜くときは一般歯科と病院内の口腔外科のどちらがいいのか?に関してお話していきます。

一般歯科(歯医者)と口腔外科の違いは何?

大きく言えば、大学病院や市民病院は、口腔外科(難しい抜歯、顎やお口の中の手術など)に関して専門分野だということです。

  • 一般歯科
    虫歯の治療や歯周病の治療などオールマイティーに行います。
  • 口腔外科
    主に外科処置といって、難しい症例の歯を抜いたり、根っこの膿を切り取ったりといった、オペが必要な治療がメイン業務となります。

しかし、一般歯科で診療をしている先生の中でも、過去に口腔外科出身で口腔外科専門医の先生もいます。これは、医院によって異なります。
一般歯科でも、口腔外科出身の先生で経験が豊富であれば、診療内で難しい抜歯を行う先生もいます。

ですので、医院の先生によっては一般歯科でも口腔外科に送るような処置を行うところもあるということですね。

抜歯をするなら、口腔外科に行くべき?

これは今行っているかかりつけの先生に聞いてみるのが1番良いかと思います。

抜歯の症例にも色々あり、すぐ(数分)で抜ける簡単なものもあれば、時間がかかる大掛かりなものもあります。
ですので、一概にどちらで抜歯したほうが良い!とは、言い難くなります。
レントゲン写真を診て先生は抜歯の難易度を判断されるので、不安なことがあれば先生にどんどん質問をしましょう。

一般歯科に比べると、口腔外科の方は抜歯をしている頻度は高いのは確実です
逆に、口腔外科に比べて一般歯科は、虫歯の治療をしている頻度はかなり高いのです。
歯医者さんは、専門分野によって得意分野も変わってくるというわけです。

 

基本的に、治療中の痛みを抑えるために、麻酔のかけ方はどこの歯医者さんも差はないと思います。麻酔が足りずに、痛みが出るようなら麻酔が聞くまで時間を置いたり、麻酔を足したりという対処はしてもらえます。

ただ、抜歯の難易度に関しては技術の問題も関わってきます。
技術や経験が豊富であれば、難易度に関わらず治療時間が変わってきます。
そこで一般歯科か口腔外科か?という選択になるのです。

レントゲン写真をとり、一度診てもらって判断してもらい、その説明を聞いてご自身で選択することももちろん可能です。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯医者, 歯と口内のQ&A