歯茎が腫れるのは歯周病なのか。ストレスとの関連性と予防にできることが知りたいです。

突然歯茎が腫れ出して、痛みが出てくることってありますよね?
原因がわからないまま、とりあえず薬を飲む方も多いと思います。

また、歯ブラシでいつも以上に念入りに磨く方もいるでしょう。
もちろん、腫れや痛みが出てきた場合は歯医者さんに行くことをオススメしますが、状況的に行けない事もあると思います。

そこで今回は、歯茎が腫れる時は、どういう事がお口の中でなにが起こっているのか?予防の仕方はあるのか?などを中心にお話していきます。

歯茎が腫れる時に考えられる原因はなに?

歯茎が腫れるということは、何かしらの炎症が起こっているということになります。
考えられる原因としては、

  • 歯周病の進行
  • 疲れなどで、急性的に歯周病の部位が炎症を起こしている
  • 根っこの先が膿んできている
  • 歯が割れかかっている。または割れている
  • 歯ブラシの強く当たりすぎて、傷から細菌が入ってしまった
  • 親知らずの周辺の炎症

などがあげられます。

一概に歯茎が腫れていると言ってもこれだけの原因の可能性がありますので、まずは歯医者さんに行って診てもらうことが第一です。

また、体の抵抗力が弱っている時は、体と同様にお口の中でも何かしら影響が出てきます。
疲れやストレスがそれにあたります。
そういう時は、もともと良くないところに特に炎症が出やすいと言えるでしょう。

歯茎が腫れた時の対処法と予防法はどうすればいいの?

歯茎が腫れる理由にもよりますが、まずは腫れや痛みを引かすために、抗生剤などのお薬を飲み、炎症をひかせます。
その後で、本格的な治療となるでしょう。
親知らずや歯が割れてしまっているのが原因の場合は、炎症がおさまってから抜歯という可能性もあります。

また、歯周病が原因の場合もお薬で炎症を引かせてから、歯周病の治療(歯石の除去や歯茎のチェックなど)となります。
指示された期間きちんとお薬を飲むと炎症や痛みが引いていきます。

そうなると歯医者に通うことを止めてしまう方が多いのですが、これはいけません。
ここでしっかりと治療に専念しないとまた再発してしまう可能性が高いです
時間を作ってでも歯医者に通うことオススメします。

予防方法としては、毎日のケアを丁寧に行うこと、疲れやストレスを溜めないように気をつけること、そして定期検診を受けることが大事となります。

 

お口の中の症状は、軽視する方が多いと思います。
しかし、たかが歯茎の腫れと油断してしまうと、思わぬ方向に症状が悪化することも大いに考えられます。
食事が取れないようになってしまうと、もちろん全身へも影響してきます。
何かいつもと違う異変や違和感を感じたら、歯医者へ行くようにしましょう。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!
歯医者に通うのが面倒であれば、毎日の習慣で歯の白さを保ちませんか?

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯周病, 歯と口内のQ&A