10年前に銀歯にした歯に隙間ができて食べカスが入ってしまった。銀歯の隙間に入ったカスを取り除きたい

治療をした歯の周りに、隙間ができ食べカスが詰まるようになってきたという方は多いのではないでしょうか?
歯ブラシやデンタルフロスや歯間ブラシなどを使って、取り除こうとされている方が大半だと思います。


しかし、もともと無かった隙間なのに、隙間ができてしまったことに原因がありそうですね。
痛みもないし、歯医者も出来れば行きたくないし・・・と思っている方が多いと思います。

今回は、治療した銀歯の周りの、不具合についてお話していきたいと思います。

治療した銀歯の下に隙間ができるのは、なぜ?

銀歯をかぶせた場合、中に土台となるご自身の歯があり、その上から銀歯でおおっています。
もともとの歯の形を再現して、歯を削る前と同じような環境でかぶせています。
ですので、最初は歯茎と銀歯の境目もピッタリと合っていたでしょう。

しかし、日頃のケアの仕方によって銀歯と歯茎の状況は変わっていきます
歯茎が軽度でも炎症をおこしたり、治ったりを繰り返すと、歯茎が徐々に退縮してきます。
そうなると、銀歯と歯茎との間に段差が出来てしまいます。
歯茎が退縮すると、手前との歯と歯の間に隙間ができ、食べカスが挟まるようになるのです。

ほかに考えられる隙間としては、銀歯と中の土台の隙間から虫歯になった場合です。
銀歯をかぶせる時は、大体が神経を取る処置をしている場合が多いのですが、
神経を取った歯というのは、「しみる」といった虫歯の自覚症状が出てきません

ですので、虫歯になっていても気がつかないことが多く、銀歯の中でごっそり穴が空いていることもあります。
そうすると、その中に食べカスが詰まるようになってきます。

銀歯の隙間に入った食べカスを取る方法はあるの?

歯茎が退縮していて、虫歯にもなっていない場合は、食べカスが挟まるのが仕方ない現象となります。ですので、歯磨きの際に、毎回の歯間ブラシを通すことで解決するでしょう。
歯間ブラシにもサイズがありますので、その隙間にあったサイズを使う必要があります。

銀歯の下から虫歯になっている場合は、治療が必要になってきます。
銀歯の中に入り込んでしまう食べカスを完全に取りきることは不可能ですので、歯医者に行って診てもらいましょう。

 

今回は10年前に直した銀歯ということで、治療をしてから年数も経ってきています。
治療したところは、そこから虫歯にならないように予防することが大切です。
そういう意味でも、定期検診で虫歯のチェックをしてもらうことをオススメします。

また、歯磨きやデンタルフロス、歯間ブラシなどの使い方を歯科衛生士から教えてもらう事で、日頃のケアがよりレベルの高いものになり、予防にも繋がります。
4ヶ月に1度くらいは、歯医者を受診しましょう。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 銀歯