昔治療した銀歯が時々痛む。銀歯の中で虫歯になっていたらどんな治療をするのか怖くて歯医者に行きたくない

歯医者に行く理由の一つとして、「歯が痛くなってきた」という人が大半だと思います。
しかし、歯医者に率先して行きたい!と思う人は少ないのではないでしょうか?

歯の治療のイメージとして、「怖い」「痛い」「何をされるのか分からない」があるからです。
治療した所が痛み出した場合、悪い所を治したのに更にまた治療となると、どんな事をされるのか不安になると思います。

今回は、治療した所が虫歯になってしまった場合、どんな事が考えられるのか?どんな治療をされるのかを、お話していきます。

治療した歯が痛くなるのは、どうして?

一度治療をした歯は、また虫歯になる各率が上がる事は共通しています。
虫歯になると、治療をしますが、その虫歯の度合いによって治療内容は変わってきますし、予後も変わってきます。

虫歯を治すということは、天然歯(何も治療していない健康な歯)を削り、人工物(プラスチックや金属素材のもの)を詰める、かぶせる事になります。
そうすると、人工物の劣化もありますし、お口の中の環境によっては、人工物と歯との間の微々たる隙間に細菌が入り込んでしまうことになるのです

治療をしたから安心ではなくて、治療をしてからが日頃のケアが重要となってきます。

虫歯が大きく歯の神経を取ると歯に栄養が行かなくなり、歯がもろくなってしまいます。
そうすると、根っこが化膿してくるリスクも考えておかなければなりません。
また、神経が残っている歯は、次に虫歯にしてしまうと、神経を取らないといけなくなる各率が上がります。

歯が痛くなる原因は、いくつか考えられます。
今回の「銀歯」という点で考えてみると、「噛み合わせが合っていない」、「歯ぎしりや食いしばりで負担がかかりすぎている」、「銀歯の下が虫歯」になっているなどでしょう

しかし、これは歯医者に行って実際、お口の中を診てもらったり、レントゲン写真を撮ったり、詳しい検査をしないと原因がわかりません。

銀歯が虫歯になったら、どんな治療になるの?

銀歯にも、部分的に詰めてあるタイプとまるっきり歯を覆っているタイプに分かれます。
また、神経が取ってある場合と取ってない場合でも治療が変わってきます。

歯医者に行くと、まず痛みに関しての問診を聞かれ、必要な検査が行われます。
銀歯を外して診る場合は、神経があると麻酔をします。(銀歯の大きさによります)
実際、銀歯を外して虫歯になっていたら、歯を削る器械で除去していきます
部分的に詰めてある銀歯の場合、また同じような銀歯をいれる型どりか、そのまま白いプラスチックの素材で詰める事もあります。

虫歯が大きく、神経を取る必要がある場合は、根っこの治療になります
麻酔が効いているので、痛みは少ないでしょう。(炎症が強いと麻酔が効きづらい場合があります)

また、もともと神経がなく根っこの先が膿んできている場合も、度合いによりますが根っこの治療になるでしょう。神経がないので、基本的に麻酔はしない事が多いです。

噛み合わせが高いなどの場合は、噛み合わせの調整をしていきます。

 

歯の痛みと言っても、原因や症状は色々あります。
痛みは、激痛があった後にだんだん無くなってしまうこともありますが、それは良くなったわけではありません。
痛みが無くなった時はステージが1歩進んで病状が悪化してしまったと思ってください

いつもと違う、何かおかしいと感じたら、歯医者を受診しましょう。虫歯も進行してしまうと、治療の内容も大掛かりになり、通院期間も長くなります。
最悪の場合は、歯を抜かないといけなくなるかもしれません。

特に治療した歯は、2度と虫歯にしないように、日頃のケアや定期検診で予防していくことがとても大切です。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 銀歯