自分に合った歯医者を見つけるにはどうすればいい?歯医者によって値段が違うしどういう金額設定なのか謎です

2016年の統計によると、日本全国の歯科医院の数は69,409医院です。
余談ですが、美容院の数は231,134軒、コンビニの数は50,409店舗あります。
美容院はずば抜けて多いですが、コンビニより多い歯科医院を選ぶのも難しいですよね。

自分に合った歯科医院の見つけ方を考えていきましょう。

まずは自分の理想的な歯科医院を考えるべき

例えば自宅(職場)から近い所か?予約が取りやすい所か?技術が優れている所か?これだけは外せない!というものがあるはずです。
その後HPなどで詳しく調べてみることをお勧めします。

残念ながら、歯科医師だからといって一律に技術があるとは言えません
必ず先生により得意分野がありますので、HPの歯科医師紹介などでその先生が何に力を入れて勉強しているのかをしらべてみてください。
吟味することで、選びやすくなるのではないでしょうか?

「歯医者=歯の治療」ではなく「予防する所」と考える

歯科治療ははっきり申しまして好きな人はいないでしょう。
治療は精神的にもストレスになりますし、なるべく避けたいですよね。

まず知っていただきたいのは、
治療期間が長い=口腔内の状態が悪いということです。
虫歯や歯周病は自然に治癒しません。
風邪のように服薬したから治るものでもありません。処置が必要なのです。

通院回数を減らすには、今のお口の中を完全に改善しその後3か月に1回程度定期検診を受けることです。
自分の歯を守れるだけではなくトータルの通院回数も減らすことができます。
歯科医院には行きたくないとは思いますが、治療しに行くのではなく予防をしに行く事が大切です。

歯科治療の金額の違い=口腔内の状態による

歯科医院の治療費は、保険診療と自由診療に分けられています。

自由診療は歯科医院が金額設定を自由にできますが、保険診療は全国一律で診療報酬点数で割り出されます。
どの歯科医院もこの診療報酬に基づいて治療費を患者さんに請求します

歯医者により金額が違うというのは、決してその歯科医院がぼったくりをしているのではありません。

例えば一本の歯が虫歯になり、銀歯を詰める処置をしたとしましょう。
施術の流れは一緒だとしても、その虫歯の進行具合や銀歯の割合やその時の口腔内全体の状態でも診療報酬点数がかわります。

歯科医師はその状態を細かくカルテに記載していきます。だから金額の変動があるのです。
お口の中はいつも同じ状態ではないのです。
この診療報酬点数は国で定められており、医科・歯科・調剤とすべての医療で適用されます

 

私の個人的な考えですが、良い歯科医院とは患者さんが気軽に質問できて納得して治療ができるところではないでしょうか?
技術が優れていてもコミュニケーションがスムーズにとれていなければ不満につながります。

今はネットで歯科医院の口コミが多くありますが、これは絶対信用しないでください。
患者さんを集める為にスタッフが記入している場合が多々あります。

口コミがあまりないのに、患者さんが多いところは良い歯科医院だと思います。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯医者, 歯と口内のQ&A