年齢と共に唾液の量が減るのは何故?唾液の量で虫歯が防げるなら、そういう薬や治療があれば歯医者に通いやすいのに

唾液とは様々な作用をもっています。

唾液はお口の中の3つの唾液腺(耳下腺・舌下腺・顎下腺)からつくられいていてそれぞれ唾液腺開口部というところからお口の中に出されます。
唾液の成分は99%が水分ですが、その他に消化酵素、免疫物質、抗菌物質、たんぱく質でできています。

唾液には良い作用があると言われていますが、それは良質な唾液の場合です
良質な唾液とはサラサラしたもので、口腔内の衛生状態が悪かったり、体調によって変化します。

良い作用をしてくれるのは、この良質な唾液の作用なので単に唾液の量が多ければ虫歯を防げるというわけではないのです。

虫歯にはできる条件があります

  1. まず、歯質。
    歯の質は遺伝や生活習慣で決まります。
  2. 次に細菌。
    ミュータンス菌が増えることによりリスクが高くなります。
  3. 次に糖質。
    お菓子だけでなく食物には糖質が含まれています。
  4. それらに加え時間です。
    良質な唾液の作用で多少リスクは減りますが、大きい予防は望めません。

虫歯を確実に予防したいのならば、この条件をさける事が有効です
それには、食後のブラッシングが一番大切と言われています。
ブラッシングをすれば口腔内の細菌数も減り唾液が酸性になるのを避け、良質な唾液を分泌させることができるのです。

唾液量が多くてもネバネバの唾液では口腔環境が悪ければ逆に歯周病や虫歯の原因になります。

唾液が減少するのは色々な原因があります

歳をとると足腰と同様に唾液腺も機能低下と周囲筋力の低下がおこります。
これにより、唾液分泌が減少します。

それに加え高齢になるにつれ内科的な病気を起こすリスクが増え、服薬することも多くなり薬の副作用によって唾液量が減少する場合があります。

また、唾液はしっかり咀嚼をすることで多く分泌されますが、歯の本数が少なかったり入れ歯だと唾液量は減少します

加齢は大きな要因になりますが、若い人でも服薬・咀嚼・口呼吸・ストレス・嗜好品・水分摂取不足などで唾液量は減少します

 

唾液は分泌物なので多くするには、薬ではなく自分の体の改善が必要です
口腔内の衛生状態を良好にして、しっかり咀嚼できる歯を保ち、生活習慣を改善するのが一番効果的です。
筋肉や機能低下によるものでは、唾液腺マッサージも効果的です。
ドライマウスという病的な物でしたら、保湿剤がありますので使用することもあります。

唾液量の減少は様々な原因があり、体の状態のサインにもなりますので、最近おかしいな?と思ったら医療機関を受診することをお勧めします。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 唾液