歯磨きは毎日必要?自宅ケアだけで何とかしたいけど虫歯が無くても歯医者に行くべき?

食事をすることで、口の中の細菌が活発に仲間を増やします。
それをそのままにすると、虫歯や歯周病などの病気を引き起こしますので、取り除かなければなりません。そのために、日々の自宅でのセルフケアと、定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアが必要なのです。

虫歯と歯周病

お口の中には生来、虫歯菌や歯周病菌はいませんでした。
しかし多くの人は親や兄弟から細菌が移行し、お口の中の常在菌として保有することになってしまっています。

虫歯菌のエサは主に糖分で、歯周病菌は主にタンパク質をたべます。
それぞれ食事や口の中の有機物を食べて、仲間を増やしていきます。
この細菌のかたまりを歯垢といい、歯垢が石灰化したものを歯石といいます。

虫歯は、虫歯菌が糖分を食べて酸を出し、歯を溶かす病気です。

歯周病は、歯の周りの歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきや骨などの歯の周りの組織を破壊する病気です。

つまり食事の度に、これらの菌にもエサをあげていることになるのです。
歯磨きをすることで、「細菌にエサを与えず」「仲間を増やさせず」「悪さをさせないため」に、歯磨きをするのです。

歯科医院での定期検診のメリット

自分で上手に磨けていても、歯科医院での定期健診には多くのメリットがあります。

プロフェッショナルクリーニング

自分では磨いているつもりでも、磨けていないところに歯垢や歯石が残っています。
歯科医師や歯科衛生士が専用の器械や器材できれいにクリーニングすると、表面がつややかになり新しい細菌が付きにくくなります。

虫歯や歯周病の早期発見・早期治療

虫歯の初期症状は、歯の表面がうすく溶けることから始まります。
この段階では自覚症状はありませんので、自分で気づきにくいのですが、歯磨きをしっかり行いフッ素などの薬液で歯を強化すれば、進行させずに済みます。

歯科医院では、歯磨き指導を始め、専門的クリーニングで細菌をしっかり取り除き、その上で歯質の強化としてフッ素などを使用します。
すでに穴の開いた状態であれば、小さな詰め物をすることになりますが、早めに対処することで歯を削ることは最小限で済みます。

歯周病も、早期の歯肉炎であれば適切なブラッシングで治ることが多いのですが、進行するにつれて治りにくくなります。
重症化するまで自覚症状がないことも多いので、まずは歯周病になっていないか、またその程度を歯科医院で診てもらい、自覚することが大切です。

その他の異常の発見

かみ合わせに問題がないか、舌や頬の粘膜に前癌病変(癌の前段階)がないか、治療した詰め物や入れ歯がきちんと良い状態を保っているかなど、歯科医院では様々な角度から患者さんの口の中を診ます。

 

何も問題を感じていないのに歯科医院へ行くことは面倒ではありますが、少なくとも半年に1回は受診することをお勧めします。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 歯磨き