知覚過敏がひどくなって何とかしたい。歯医者に行っても虫歯が無いので治療はされなかった。

真夏に冷たい物を飲んだり、冬に温かいものを食べるときに知覚過敏の症状があると非常に辛いですよね。
年齢を重ねる毎に知覚過敏を起こすリスクは高くなります。
知覚過敏について詳しく述べていきたいとおもいます。

知覚過敏の原因とは?

知覚過敏の状態としては大きく2つ挙げられます。

まずは歯ブラシの強いブラッシング圧や、強い咬み合わせにより歯の表面のエナメル質が削れ、象牙質への刺激があり症状を出す場合です。

2つ目に歯周病などにより歯肉退縮がおこり根面の露出がある場合です。

いずれも最初は冬の冷風がしみるや、冷水がしみるから始まり歯髄が敏感になり温かいものも染みてきます。
その後甘いものがしみたり、歯ブラシが当たるだけでも痛みとなります。もっと酷くなると咬むことが出来ない状態まで進み、神経が死んでしまいます。

知覚過敏を進行させないためには、まずはエナメル質を守ることです
なぜ知覚過敏になってしまったのか、まずは根本的な原因を突き止めなければなりません。
歯周病によるものでしたら治療が必要ですし、ブラッシング圧や咬み合わせによるものでしたら改善が必要です。

どうすれば知覚過敏の症状を抑えることができるのか?

セルフケアとしては、知覚過敏用の歯磨き粉の使用です
適切なブラッシング圧で、歯ブラシ自体も適切な物を選び磨くというのが大前提になりますが、実行して損はありません。

知覚過敏用の歯磨き粉には主に次の物が入っています。
硝酸カリウム・塩化ストロンチウム=刺激が歯髄に伝わりにくくする
(感覚を伝わりにくくし、痛みを緩和できる)
乳酸アルミニウム・シュウ酸カルシウム・フッ化ナトリウム=象牙質をコーティングする(象牙質への直接の刺激を防げば刺激を受けにくくなります)

知覚過敏の治療法は?

歯医者へ行っても処置はされなかったということは、症状が軽い場合です。
実は、少し染みる程度でしたら処置しなくても自分の唾液の作用で改善することがあるのです

しかし、自覚症状が強くなっているようでしたら、再度歯科医院へ行くことをお勧めしします。
大抵の歯科医院は知覚過敏の進行がみられる場合、原因を追究してくれます。
熱いものも染みるというのは確実に進行していますので、神経が死んでしまう前に受診してください。

治療法としてはいくつかあります。
歯磨き粉にも入っている成分と同じ物が歯科医院ではより濃度の高いもので効果的に塗布できます
また、歯牙自体に確実に材料をコーティングすることもできます。

それでも難しい場合は神経を取ることもありますが、日々のストレスを感じるよりは、と処置される方もいらっしゃいます。

 

いずれも知覚過敏の処置は経過観察がとても大事になってきます。
発症した原因が必ずあるはずなので、まずは再度歯科医院へ行き今の日々の辛さを伝えてください。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 知覚過敏