歯列矯正は下だけとか前歯だけでもできる?やっぱり上下一列でやったほうがいいの?

近年、歯列矯正の技術が進み、患者さんのニーズに合わせて様々な方法があります。
下の歯だけの矯正もでき、上の歯への影響がないよう行うことができます。

また、前歯だけの矯正も行うことはでき、比較的治療期間や費用も抑えることができます
矯正の方法としては以下があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ブラケット矯正(表側)

歯の表面にブラケットと呼ばれる物を装着し、それをワイヤーで繋いで少しずつ位置を変える方法です。
表側から力を加えて歯を動かしていくため、前歯の歯並びのガタつきに非常に有効です。

ブラケット矯正(表側)のメリット

  • 歯の動きが速い
  • 費用が比較的安い
  • 痛みが少ない

ブラケット矯正(表側)のデメリット

  • ブラケットやワイヤーが目立つ(セラミックに代えられるが料金は高くなる)
  • 極度に悪いかみ合わせは治らない
  • 歯を削ってスペースをつくり並べる場合は、しみる症状が出ることもある

ブラケット矯正(裏側)

歯の裏面にブラケットと呼ばれる物を装着し、それをワイヤーで繋いで少しずつ位置を変える方法です。
裏側から力を加えて歯を動かしていくため、前歯の歯並びのガタつきに非常に有効です。

ブラケット矯正(裏側)のメリット

  • ブラケットやワイヤーが目立ちにくい
  • 歯の動きが速い
  • 痛みが少ない

ブラケット矯正(裏側)のデメリット

  • 費用が高い(作業が困難なため)
  • 装着時、大きな口を開いている時間が長い
  • 歯が磨きにくので、虫歯や歯周病になりやすい
  • 舌に当たるので、話しにくく食事もしにくい
  • 歯並びによっては歯に一旦すき間をつくるため、治療期間が長くなることもある

マウスピース矯正

上の2つのブラケット矯正とは、全く違う方法で歯を動かします。歯列の型取りをして、それに合わせたマウスピースを作り装着します。

マウスピース矯正のメリット

  • 透明や半透明なので目立たない
  • 取り外しができるので食事や歯磨きに影響しない
  • 金属を使わないのでアレルギーの心配がない
  • 歯にかける負荷が小さいので痛みが小さい

マウスピース矯正のデメリット

  • 自己管理が難しい
  • 紛失するリスクを伴う
  • ブラケット矯正に比べて装着時間が短くなりやすく治療期間が長くなりやすい

 

全部の矯正に比べて動かす距離が短いため装置も小さくなるので、部分矯正は費用は安く治療期間が短くなる可能性はあります。
しかし顎の状態や歯並びによっては、下の歯を全部、矯正しなくてはきれいに並ばないこともあります

また、出っ歯、受け口といった、程度が強い場合は、歯並びだけではなく、かみ合わせの問題も解決する必要があるので、全部の矯正をお勧めします。
無料相談をしている歯科医院が多いので、ぜひ相談して納得のいく治療を受けてください。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯と口内のQ&A, 歯列矯正