顎関節症の治療には時間が必要と言われました。もっと早く治療が終わることはできないのでしょうか?

顎関節症の原因によって、治療法や治療期間は異なります。

顎関節症の治療は、虫歯を治すこととは違い、関節の周りの軟らかい筋肉繊維や軟骨などの問題なので、多くの場合、完全な回復までには時間が必要です。

以下に顎関節症に多い原因とその治療法を参考とし、顎関節症にとても詳しい歯科医院に相談するか、大学病院を受診することをお勧めします。

悪いかみ合わせで顎関節症の場合

不良な補綴物(修復物)の調整

一部の歯に負担がかかることで、顎関節に悪影響を及ぼします。
歯の治療のときに入れた詰め物や被せもの、ブリッジや入れ歯がぶつかっていれば、その部分を削るなどして調整し、歯のアーチ全体が均一に噛めるようにします。

補綴物の装着・歯の欠損部の補綴

詰め物や被せ物が取れているところや、歯が抜けてなくなっているところに歯の代わりとなるものをきちんと入れてます。
全体でバランス良くかめるようにして、狂ったかみ合わせを正すことで、顎関節症が良くなります。

歯列矯正

歯並びがガタガタだったり、受け口や出っ歯の人は、歯列矯正をすることで顎が正常な位置に誘導されます。

歯ぎしり・食いしばりで顎関節症の場合

マウスピースの装着

種類によって、スプリントやナイトガードとも呼ばれ、いずれもクッションの役割をするので、顎や歯への負担を軽くすることができます。

「食いしばらない」と書いた張り紙

とても単純な方法ではありますが、日中の食いしばりの改善には効果があります。

悪習慣で顎関節症の場合

片噛み癖

物を食べるとき片側だけを使う食べ方です。
虫歯や欠損歯があるときが多いが、歯並びや単純や癖の場合もある。全体で食べるよう意識することで改善することもあります。

頬杖(ほおづえ)

日常的に頬杖を付いていることで、顎関節に負担がかかっていることがあります。

姿勢が悪い

座るときの姿勢や、経っているときの姿勢がゆがんでいることで、顎関節に負担がかかっていることもあります。

うつぶせ寝

うつぶせに寝ることで、呼吸するため左右どちらかに顔を真横に向け、首をひねった状態になります。
すると横から顎が圧迫され、変位しやすい状態となっています。

 

いずれもすぐに治すことができないので、時間がかかる治療として扱われます。
患者さん自身の積極的な協力によって、治療期間が左右されるといっても良いかもしれません。

顎関節症を早く治したいのであれば、まずご自身で出来ることを積極的に行いましょう。
また顎の周りの筋肉をマッサージや温湿布で血行を良くすることで、症状が緩和することもあります。

しかし状態によっては、炎症の原因を洗い流す「関節腔内洗浄療法」や骨と骨の癒着をはがす「関節鏡手術」など、外科手術が必要なこともあります。
専門の歯科医師に相談することをお勧めします。

 

歯の黄ばみは毎日の歯磨きでホワイトニングができます!

簡単一覧で選ぶならこちらから!
タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と口内のQ&A, 顎関節症