朝、起きた時の口臭とねばつきが気になります。年と共に雑菌が多くなった感じで気もちが悪いです

歯周病の悪化が原因だと思われます

歯周病は、歯と歯ぐきの境目で繁殖した細菌が、有害な毒素を出して歯の周りの組織に炎症を起こさせる病気です。
口臭とねばつきは、細菌が出す毒素と、歯ぐきから傷を治そうと出る浸出液や血液、白血球の死骸である膿などが原因です

細菌に対抗して歯ぐきが日夜戦っているのですが、寝ている間は、唾液の分泌量が減り口の中が唾液によって浄化されず、細菌が爆発的に増えます。
寝ている間の細菌の数は、起きているときの30倍になるとも言われています

自分でおこなう歯周病の対処法

まず、歯磨きの習慣において、寝る前の歯磨きは1日の内で最も丁寧に行うようにします
落とせる限りの細菌を徹底的に落とすのです。

歯磨きの方法は、歯科医院で習うことをお勧めしますが、ポイントは歯と歯ぐきの境目にしっかり歯ブラシを当てて、小さく横に動かします
かき出すのではなく、細菌を歯ブラシの毛に伝わせて吸い出すイメージです。

歯ぐきに炎症がある間は非常に弱っているので出血しますが、痛みがなければ気にせず歯ブラシをしっかり当てて磨いてください。
細菌を取り除くうちに少しずつ出血はおさまります

この時、歯周病用の歯磨き粉を使っても、歯磨き剤に入っているミントなどの清涼感で、磨けていないのに磨けていると勘違いをしてしまうことがあるので注意します。

歯磨き後は水でよくブクブクうがいをし、舌や頬の内側に付いている細菌と共に口の中に浮遊している細菌をしっかり洗い流します。

日中は小まめに水分(糖分を含まないもの)を取りましょう
口の中の細菌は時間が経つほどに増え粘着性も増すので、食べ物を食べたら軽くでもよいので歯磨きをします。

歯科医院でおこなう歯周病の対処法

歯磨きの指導から始めると思います。
どんなに歯科医院できれいに歯のクリーニングをしても、患者さん自身の歯磨きが上手にできなければ、次々に食べ物に細菌が繁殖して歯周病はなかなか回復しないからです。

食べかすに細菌が繁殖したかたまりを「歯垢」、時間が経ち石灰化したものを「歯石」と呼びます。
歯垢までならば歯ブラシや歯間ブラシで落とすことはできますが、歯石になると硬く歯に沈着しているため、歯科医院では専用の器械や器具を使って取り除きます

歯ぐきの中にまで歯石が沈着している場合は、麻酔を使って何回かに分けて取ることもあります。
歯石を取り除けば細菌の数が格段に減りますので、歯肉の炎症が回復し、口臭や粘つきの減少が期待できます

 

歯周病は、体の免疫力の低下や、唾液の分泌量の低下と共に悪化しやすいため、年齢と深い関わりがあります。
適切な歯磨きと歯科医院でのメンテナンスを両立することで、回復・予防ができる病気ですので、積極的に取り組んでいきましょう。
また糖尿病などの内科の問題もあるかもしれませんので、医科での受診もお勧めします。

 

ホワイトニング歯磨き粉には歯を白くするだけでなく、歯周病にも効果的な成分が配合されています。
特に、泡立ちが少ないものが多いというのがポイントです。
ということは、泡立ちにより「よく磨いた」という錯覚があまりありません。
すると、不思議なことにいつもよりも長く丁寧に歯を磨こうとするんですね。

もし寝起きの口内が気持ち悪いなら、ホワイトニング歯磨き粉を試してみるのもありだと思います。
使っているうちに歯も白くなれば一石二鳥ですよ?

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 口臭, 歯と口内のQ&A