歯医者が下手くそで詰め物が外れていきます。ほったらかしはまずそうなので差し歯を接着剤で付けるか悩んでいます。

詰め物や差し歯がたびたび外れてしまうのでは、大変ですね。
でも自分で接着剤で付けることはしないでください。
一時的に付いても、土台の歯が、悪くなってまた取れてしまいます。

外れる原因は、歯医者が下手だからとは限りませんが、
頻繁に外れるのに対策をしない歯医者は信頼できません

評判の良いほかの歯科医院に相談することをお勧めします。

歯の詰め物や差し歯が外れる理由

「歯ぎしり」や「食いしばり」が一番の原因

虫歯を治療し、型取りをして詰め物や差し歯を入れても、「歯ぎしり」や「くいしばり」で歯と歯が強くぶつかり揺らされます。
そうなると、詰め物や差し歯が浮いたり、歯がすり減ってすき間ができてしまい、外れてしまいます。

「歯ぎしり」は、おもに寝ている間に無意識にし、「食いしばり」は、寝ている間だけでなく日中もしてしまうようです。

原因ははっきり分かっていないのですが、ストレスを発散していると考えられています。
男女ともに、幼児から高齢者まで幅広い年齢の人がします。

歯科医師の低い技術や知識不足

歯を削って詰め物や差し歯の型取りをするとき、歯科医師は保持力なども考えます。
また、技工士が作った詰め物や差し歯を歯に付けるときは、適した材料を選んで使うのが一般的です。
これらの技術や知識が不十分である場合、取れやすくなる可能性もあります。

歯の詰め物や差し歯が外れたままだと起こりうる「悪いこと」

食べかすが詰まりやすい

穴が開いたままの状態なので、食べかすが詰まってしまいます。
しかも取れにくいので、そこから虫歯が進んでしまい、臭い匂いもします。

歯の神経が腐る・根の先に膿が溜まる

更にそのまま放置すると、歯の神経に細菌が繁殖して腐ったり、歯の根の先に膿がたまった状態となり、痛みを感じます。

歯がかけたり、割れたりする

歯の中の空洞部が多ければ多いほど歯は崩れやすく、また神経がダメになった歯は、質がもろいので簡単に割れてしまいます。
割れ方によっては、抜くことになります。

歯並びが悪くなる

歯に穴が開いた状態が続くと、かみ合っていた反対側の歯が落ちてきます。
また、隣の歯は倒れ込んできますので、歯並びがガタガタになることがあります。

詰め物や差し歯が外れた時の適切な対処法

信頼できる歯科医院で、原因を調べます。

歯ぎしりや食いしばりをするかどうかは、口の中を診れば特徴がいくつもあるため、知識のある歯科医師や歯科衛生士は分かります。
詰め物が外れやすい原因がそこにあるならば、かみ合わせの調整をしたり、マウスピースを作って装着するなどの対処をします。

自分の口の特徴を知り正しい対処をするならば、経費や時間を最小限に抑えることができます。
自己判断せずに、まずは信頼できる歯科医院を探して相談しましょう。

 

これ以上歯に詰め物を増やさないためにも、今後は健康な歯を目指しましょう。
第一に丁寧な歯磨きを心がけ、一緒にホワイトニング歯磨き粉を使えば白くて美しい歯を目指せます。
まずは第一歩を踏み出しませんか?

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯医者, 歯と口内のQ&A