歯周病は年齢に関係ない? 歯磨き以外の効果的な予防法を教えて

一度かかかるとなかなか治すのが難しい歯周病。
最近ではCMや雑誌などでも時々取り上げられていますが、どんなイメージを持たれているでしょうか。

もちろん、歯茎の病気で歯茎から血が出たり放置しておくと歯が抜けたり命を落とす可能性もある…などとあるかと思いますが、その中の一つに40代くらいからの病気というイメージを持たれてる人もいると思います。

では、本当に歯周病と年齢は関係あるのでしょうか。また、歯周病予防と言われている歯磨きですが他に予防方法はあるのでしょうか。

歯周病と年齢

成人の約80%が歯周病に罹患していると言われています
歯周病と年齢は関係あるのでしょうか。

平均的には40代くらいからのなるのですが、歯周病は生活習慣病とも言われています。
日頃の生活習慣や歯磨きの仕方、口の中の管理が悪ければ20代から歯周病になってしまう事もあります。
なぜ中高年から歯周病が増えるかというと、年齢が高くなっていくにつれて虫歯の原因菌よりも歯周病の原因菌の方が増えていくからです。

歯周病は痛みなく進行していきます。
10代位までは、虫歯予防中心の歯磨きの仕方で歯磨きをしていればいいのですが、20代くらいから徐々に虫歯予防から歯周病予防中心の歯磨きの仕方に移行していかなければなりません。

それを知らずに小さい頃からの磨き方を続けていると気がついた時には歯周病が悪化していたなんて可能性もあります。

歯磨き以外の歯周病予防はあるのか?

歯周病予防はやはり歯磨きです。
しかし、歯磨き以外にも気をつけておく事はあります。

喫煙もその一つです。
喫煙者は非喫煙者に比べて歯周病になるらリスクが約3倍になると言われています
なぜならタバコのニコチンが血管を収縮させて歯周病のサインである歯茎からの出血が少ないせいでそのサインを見逃してしまうのです

他にも糖尿病は歯周病と深い関係があり、歯周病が良くなってくると糖尿病も良くなってきます

歯科医院の定期検診も重要です。
いくら頑張って歯磨きしていたとしても歯石は付着してくるものです。
歯石は歯周病の大きな原因になるもので付着すると歯磨きでは除去できません

 

いかがでしたでか。
歯周病は歯磨きだけが関係しているのではありません。
日常生活の中に歯周病のリスクを高めるものもあれば全身疾患とも繋がりがあったりします
口の中には何百種類という細菌が潜んでいます。
そして、身体の免疫の約70%が口の中で使われています。

口の中のが清潔であればあるほど身体の健康に関わってきます
一度歯周病になれば完治するのはなかなか難しいです。
将来の自分の口の中を守る為に歯科医院での検診は必須だと言えるでしょう。

もちろん日々のケアも大事です。
普段の歯磨きに加えてこれまでより効果的な歯磨き粉を使えば、口内環境はより改善されていくでしょう。
白い歯でいることは健康な口内であることでもあります。
まずは自分でできるところから始めてみましょう。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 

 

 - 歯周病, 歯と口内のQ&A