銀歯は数年後に新しくした方がいいの?それとも一生もの?

虫歯の治療で銀歯になったけどこれってどのくらいもつのか、と疑問に思った事はありませんか?

実際に、過去に治療して銀歯にしてもらったところがまた虫歯になってしまい、前よりも大きな銀歯になったなんて事があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
それなら、虫歯になる前に新しく銀歯にやり変えればこんな事にならなかったのか、などと考えたこともあるかもしれません。

今回はその銀歯に付いてお話していこうと思います。

銀歯にも種類があります

銀歯と一般的に言われているものは大きく言うと「詰め物」という種類の中の1つです。

銀歯は名前の通り銀色の詰め物で保険適用のものになります。
金属なので強度は強いですが、強い分摩擦や噛み合わせの影響で歯の方がすり減ってしまうことがあります
その時に銀歯との間に微妙なすき間ができて、そこから虫歯になったりしてしまいます。

銀色の他にも保険適用の詰め物としてプラスチックの白い詰め物があります。
しかし金属に比べると強度が弱い為割れやすく、奥歯の詰め物に使われる事はほとんどありません
たまに奥歯に使われても変色しやすく劣化もしてくるのでそこも虫歯になりやすいです。

他には、金歯、陶材で出来た白い詰め物がありますがどちらも保険適用外になります

結局のところ、銀歯はどのくらいもつのか?

保険適用のものは先ほども書いたように強度の問題から再び虫歯になるリスクが高くなります。

保険適用外のものですと、例えば金は銀よりも柔らかいので歯に馴染みやすくはのとの間すき間が空きにくいと言われています。
白い詰め物も陶材の為強度が強く変色もしにくいです。

耐久性だけで言えば銀歯は5年程度、保険適用外の物は10年程度だと思います。
どの詰め物にも言えますが、どのくらいもつとははっきり言えなくその人の生活習慣や噛み合わせの影響で決まってきます。

あとは、詰め物を着けているセメントが劣化して外れてくると言う事が時々あります。

 

いかがでしたでか。
銀歯にしたからと言って一生虫歯にならないわけではありません。
だからと言って銀歯でも10年以上もってる人もいるのも事実です。
では、少しでも銀歯を長く持たせる方法はあるのかと言う事になってきます。

セメントの劣化は自分ではどうにも出来ませんが、基本的に虫歯にならないようにブラッシングは重要になってきます。
歯ブラシ以外にもデンタルフロスや歯間ブラシなどを使って、磨いでいきましょう。
もちろん、定期的な歯科検診で虫歯、歯磨きのチェックも大切な事の1つです。
たとえ虫歯になっていたとしても早期治療で銀歯の大きさを最小限にする事ができます。

一度削った歯は元には戻りません。
せっかくた治療した歯を少しでも長く保たせられるように日常生活から気をつけていきましょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉で銀歯を白くすることはできませんが、健康な歯を白くする+αの効果はあります。
虫歯も歯周病も予防する成分が配合されていますので、これ以上健康な歯を銀歯にしないためにも使ってみてはいかがでしょうか?

歯は一生ものですよ

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と口内のQ&A, 銀歯