しっかり歯を磨いているつもりでも虫歯が増えるのは体質なのか?

虫歯の治療が苦手な人は多いと思います。
なので、毎日歯磨きをして頑張っているのにある日突然歯が痛くなって歯医者に行くと虫歯になっていた・・・なんて経験ないでしょうか?

そして、なんでこんなにきちんと歯磨きしてるのに虫歯になるんだろうと疑問に思った事もあると思います。

虫歯になりやすい人なりにくい人にどんな差があるのか、というのをお話していきましょう。

なぜ虫歯になるのか?

そもそも虫歯とは何なのか。
どのように虫歯になっていくのかご存知ですか?

口の中には何百種類という細菌が常にいます。
ここに食事によって食べ物の糖と細菌が結びついて歯垢(プラーク)という細菌の塊を作ります。

このプラークが歯の表面にくっつき、食べ物が入るとどんどん糖と結びつきます。
やがてプラークから「酸」を発生させます

歯というのは「酸」に弱いので時間が経てば経つほど「酸」によって歯が溶かされていくのです。虫歯で歯に穴があくというのは、歯が「酸」によって溶かされて穴があいている状態なのです。

溶ける範囲が歯の神経に近くなればなるほど痛みや歯がしみたりと症状によって現れます。

「体質的に」虫歯になりやすいのはこんな人

体質という面でみると、唾液の少ない人や歯並びの悪い人はなりやすいといえるでしょう

唾液というのは口の中の細菌を洗い流してくれたり酸によって口の中が酸性に傾いてるのも中和させてくれる役割があるので、唾液の量が少ない細菌が繁殖しやすくなります。

また、歯の並びの悪いところはプラークが溜まりやすい上に歯ブラシも当てにくいので、プラークがそのまま停滞し虫歯になりやすい環境を作っていってしまいます。

体質だけではなく生活習慣を見てみると、甘い物が好きでよく食べる人はプラークの原因になる糖が多く含まれるので虫歯のリスクがあがります
他にも、食事をして口の中が酸性に傾いてる状態が中和する前に再び間食をしてしまって常に口の中が酸性に傾いてる状態が続く事も虫歯のリスクをあげていきます。

 

虫歯の原因はプラークです。
なのでそのプラークを育てやすい口の中の環境を作っていかなければ虫歯のリスクは減らせます。
プラークになってしまうとうがいでは簡単に落とせません。
やはり歯磨きをしっかりしてプラークを落としていく事が大切になってきます

どんな磨き方でどんな歯ブラシを使えばいいかはその人の歯並びや口の中の状態にもよりますので歯科医院でご相談されるといいと思います。

また、最近では唾液を採取して自分の虫歯のリスクがわかる検査ができる歯科医院もあるようなので興味のある方は調べてみてもいいかもしれません。

 

自分の口の中の状態を知れば対策もしやすくなります。
せっかく虫歯の無い歯を目指すなら、黄ばみの無い白くてキレイな歯も目指してみませんか?
ホワイトニング歯磨き粉は歯を白くするだけでなく、口内の健康を保つのに有効な成分が配合されています。
せっかくだから自分にあったホワイトニング歯磨き粉を探してみませんか?

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 虫歯, 歯と口内のQ&A