親知らずは問題なく生えてくれば抜かなくてよいのか?

虫歯や歯周病の不安の他に親知らずという問題で悩んでいる方も少なくないと思います。
問題なく生えてくれば抜歯をしなくても良いのではないか?とお考えの方もいらっしゃると思います。

では、本当に抜歯をしなくてもいいのか、問題なく生えてきている親知らずをそのままにしておくメリット、デメリットという事でをお話してしこうと思います。

親知らずを抜かない事のメリット

ここでいう問題なく生えているというのは痛みもなくまっすぐ綺麗に生えてきているというのが前提になります。

痛みがなくても横に生えてきていると歯と歯の隙間から虫歯や歯周病になるリスクがかなり高くなるのでメリットはほとんどありません。

綺麗に生えている親知らずに関しては手前の歯が虫歯や歯周病で抜歯しなければならなくなった時に入れ歯ではなく、ブリッジという被せ物の支えの歯として使う事ができます
最近では抜歯をした所に親知らずを移植するという治療法もあり、活用される場面が増えてきています。

親知らずをそのままにしておく事のデメリット

親知らずが生えてくると、今まで磨いていた1番奥の歯の更に奥に歯ブラシを当てなければいけません。

歯磨きというのは癖ですのでついつい親知らずがまだ生えてなかったときの感覚で磨いてしまいがちです。
そうすると親知らずまで歯ブラシが届かず磨き残しになってしまいます
また、歯ブラシが大きすぎて親知らずまで磨こうと思っても上手く歯ブラシが当たらないという事にもなります

もちろん磨けなければ虫歯になります。

虫歯というのは移るので歯と歯の間が虫歯になってしまうと手前の歯まで虫歯が感染することもあります
虫歯が進行しすぎてもろくなり抜歯をしようとした時にボロボロと歯が欠けてしまって抜歯をするのが大変になってしまうという可能性もあります。

親知らずを虫歯にしない方法

せっかくきちんと生えてきた親知らずを抜かずにそのままにしておきたい、その為には虫歯にしないようにしていかなければいけません。

磨きにくいと言われる親知らずですが、少し工夫をすれば虫歯のリスクを減らせます。

まず、普段使っている歯ブラシの大きさで親知らずが磨きにくい場合は小さめのブラシを使ってみましょう
口の小さい方にも使いやすいサイズのブラシや親知らずだけをピンポイントに磨くような1本磨きブラシなど最近では種類が沢山ありますので自分にあった歯ブラシを見つけて磨いてください。

どんな物が自分に合っているかわからない場合は歯科医院でどのような形の物が合っているかを相談されても良いと思います。

また、定期的に歯科医院でクリーニングをするのもオススメします
定期的な検診、クリーニングで万が一虫歯になってしまったとしても早期発見で抜歯せずに1回の虫歯で終わる事もあります。

 

いかがでしたでしょうか?
口の中は自分で見えにくく親知らずともなれば歯が生えてるかどうかすら確認しにくい物です。
抜歯しなくても良いとは言え綺麗な状態を維持して
いかなければ結局は抜歯・・・、なんて事にもなりかねません。

自分の親知らずの状態を知る為にも歯科医院で受診し、どのようにしていくのが1番良いかを相談される事をオススメします。

これを機に歯磨き粉を変えてみるのもいいでしょう。
ホワイトニング歯磨き粉で日々の歯磨きで歯をより白くしつつ、虫歯予防もしてみませんか?

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と口内のQ&A, 親知らず