矯正治療は医療費控除の適応になるって本当?どういう手続きをしたら良いのか知りたい。

毎年1月1日~12月31日までの1年間に10万円以上医療費を支払った際に治療費の一部が戻ってくるという医療費控除ですが、矯正治療も保険適用外の治療なので適応されます。

ただし、条件があるのでどのような場合に適応されるのか、そしてどのような手続きをすれば良いのかというのをお話していきたいと思います。

歯列矯正が医療費控除の適応対象になる条件

基本的には医療費控除の適応になる矯正治療ですが、矯正治療というのは噛み合わせを良くするために歯の並びを矯正するという目的で行われます。
なので、美容目的や見た目の改善だけでの矯正治療は適応されません

子供の矯正治療にはもちろん適応されます
子供の頃の矯正治療は発育とともに噛み合わせや顎の成長にも大きく関係してくるのでほぼ無条件で適応されます。

子供の年齢制限に関しては基準がはっきりしていないので、各税務署で確認しておくといいでしょう。

医療費控除の申請をされる際に噛み合わせの為の矯正治療だと分かるように歯科医からの診断書が必要になってきます
矯正治療の際の診察料の他にも痛み止めなどで処方された薬代、通院するのにかかった交通費(公共交通機関のみ。マイカーのガソリン代は含まれません。)も適応対象になりますので必ず領収書をもらい保管しておいてください。

また、分割で支払った際にも適応されますが、金利は含まれません

歯列矯正で医療費控除を受けるのに必要な手続き

医療費控除は確定申告の際に申請します

自分の住所を管轄している税務署に持参するか郵送で必要書類や源泉徴収票、領収書などを送ります。

申請し忘れても過去5年まではさかのぼることができるので次の確定申告の際に申請されてください。
領収書を無くしてしまっても再発行してもらえる場合もあるので諦めず歯科医院に相談されてください。

 

年々高くなってきている医療費ですが、どんな場合に適応されるのかというのをしっかり理解していればきちんとお金は戻ってきます。
自分の健康の為の治療費なので、歯科とはいえちゃんと適応されます。
詳しい確定申告の準備や書類の件は事前に調べておき、記入漏れや申請忘れがないようにしておきましょう。

また、1年間に10万円以上と最初に書いていますが、10万円以下でも医療費控除を申請できるの場合もあります。
そしていくら返ってくるかは所得税率でも変わってきますのでその辺りも気になるようであれば調べておく必要もあると思います。

このような制度を活用して医療費で出ていく金額を抑えられたらいいと思います。

歯列矯正は器具との間が磨きにくい事もあるので汚れてしまうこともあります。
ホワイトニング歯磨き粉を使って歯列矯正している間も白い歯を保っていきましょう。

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と口内のQ&A, 歯列矯正