口臭予防のために気を付けることってなんだろう?

口臭は男女問わず気になるものですよね。

口臭予防として歯磨きしたりうがい薬を使ったりはしてみるものの、自分の口臭というのにはなかなか気がつきにくいものです。
相手が口臭に気が付いてもそれを口に出して伝える事もなかなかないので果たして自分のしている口臭予防は効果があるのか?というのがいまいち分かりにくかったりします。

実際のところ口臭予防にはどういったものがあるのか、効果があるのかというのをお話していきます。

口臭の原因とメカニズム

口臭とは、口の中の細菌が血液や歯垢のタンパク質などと結びつき口臭の原因となるVSCという物質を大量に発生させる事によっておこります

また、口臭はお酒やニンニク、タバコなどで発生する物の他に
「生理的口臭」と「病的口臭」に分けられます。

生理的口臭とは、妊娠中などのホルモンのバランスやストレス、普段の生活の中でVSCを発生させやすい環境になった時に一時的に起こる口臭です。
分かりやすいのがお腹が空いた時や朝起きた時などに口臭を強く感じる事がありませんか?
これは口の中の唾液の量が減っているせいで細菌が繁殖してVSCを発生させやすくなっているのです。
また舌の表面に白い苔状の物のは発生する舌苔(ぜったい)という舌の汚れも口臭の原因の1つです

病的口臭とは、名前の通り病気によって起こる口臭の事です。
歯周病や虫歯という口の中の病気の他に鼻やのど、消化器系などの口とは関係ないところの病気が口臭の原因になる事もあります

口臭対策はどのようにしたらよいのか

口臭の種類によっても対策方法やその効果は様々です。

ニンニクやタバコなどは一時的な物なので時間とともに消えていく臭いですが、気になる場合はうがい薬やガムなどを使ってみましょう。
ただし、臭いを消すというよりは他の臭いでごまかすという感覚で対策されてください

生理的口臭も唾液の減少が原因という事が多いので、うがい薬や歯磨き、水分をとったりして唾液の量を増やすようにしてください
うがい薬は殺菌、消毒作用があるものが効果的です

舌苔に関して言えば舌の表面についている汚れを落とす必要がありますので、舌専用の舌ブラシを使って優しく磨いて舌苔を取りましょう

病的口臭は、歯磨きやうがい薬を使ったとしても一時的な口臭の緩和だけであまり効果はありません。
その原因となる病気を治さない限りは治りません。
治療して治っていけば段々と口臭は減っていきます。

虫歯が進行したり歯周病になると口臭はきつくなるので、それらを予防するために歯磨きをするというのは効果的です。
つまり、丁寧に綺麗に歯を磨いて口内環境を整えていれば、歯周病と虫歯による口臭の悩みからは解放されます。
もちろん白くて健康な歯も保てる、というわけです。
気になり始めたらまずは丁寧な歯磨きから始めてみましょう。

 

いかがでしたか。

自分の口臭の原因が一体どれなのかが分かれば対策もしやすいと思います。
歯磨きで出血しないか、歯がしみたりしてないか・・・自分の口臭を感じるのはどんな時かなど思い返してみてください。

特に病的口臭は自分1人では治すことができません
お医者さんと一緒に改善させていく必要があるので気になる症状がある方は一度病院を受診されてはいかがでしょうか。

ホワイトニング歯磨き粉の成分には、口臭の原因となる歯周病を効果的に予防する成分も配合されています。
歯を白くするだけでなく、口内の様々な悩みから解放してくれます。
気になった方はいつもの歯磨き粉を変えてみるのもいいでしょう。

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 口臭, 歯と口内のQ&A