虫歯&歯周病予防にマウスウォッシュを使うなら歯磨き後がベスト!

日々の口腔ケアにマウスウォッシュを使っている、または使ってみたいという人もいると思います。
結論から言うと、それは正解です。

正しい歯磨き+マウスウォッシュならより健康的な歯を保てます。
それは白くてキレイな歯になることにもつながります。

ただし、歯磨きの代わりにはなりません。
今回はマウスウォッシュの正しい使い方を知って口内の健康を目指していきましょう。

まずは代表的な3つの効果から説明していきますね。

 マウスウォッシュ3つの効果

1 口臭予防に

エチケットとして使用する場合、大抵の人は口臭予防効果を期待して使用するのではないでしょうか。
マウスウォッシュで口をゆすぐことで、口臭の原因となる細菌を殺菌することができます。

食後の口臭には歯を磨く方が効果はあります。
とはいえ、時間が無かったり歯ブラシを用意していないということもあるでしょう。
マウスウォッシュなら手軽で即効性もあるので、食事の後に使えば効果的です。

2 歯周病予防に

マウスウォッシュには歯周病菌を殺菌する成分も配合されています。
歯周病予防にもやっぱり正しい歯磨きが一番効果的ですが、日々の歯磨きにマウスウォッシュをプラスすればより歯周病を防ぐことができます。

しかし、ここで注意してほしいのですが、あくまでも「予防」です
マウスウォッシュの使用で歯周病が劇的に改善されるということはありません
そこは勘違いしないでくださいね。

3 口内炎に

口内炎の原因はいくつかありますが、できてしまったらなるべく早く治したいですよね。
口内炎を早く治すには口の中を清潔に保つのが効果的
マウスウォッシュなら口内の雑菌を殺菌するので早く治すことができます

試しに口内炎ができたときにマウスウォッシュで口をゆすいでみてください。
痛みがすぐに引くのでちょっと感動するもしれません(管理人体験談)。
しばらくすると痛みは復活しますが、マウスウォッシュを使用で口内炎を早く治すことができます。
水で口をゆすぐよりはマウスウォッシュの方が効果があるので是非お試しあれ。

マウスウォッシュはあくまで補助として使いましょう

というわけで、マウスウォッシュには口内を殺菌する効果があります。
しかし、「歯磨きが面倒だからマウスウォッシュでいいや」という使い方は間違いです。

殺菌するからといって歯磨きと同等の効果はありません
なぜかというと、口内の歯垢はうがいだけではおちないからです
実際に水でもマウスウォッシュでも良いので歯を磨く前にうがいをしてみるとわかると思います。

歯垢はバイオフィルムとも呼ばれます。
このバイオフィルムの中には虫歯菌や歯周病菌がたくさん潜んでいます。
当然この歯垢を放っておくと、虫歯や歯周病になってしまいます。

マウスウォッシュは殺菌効果がありますが、
バイオフィルムの表面しか殺菌できません
つまり、バイオフィルムの中までは効果が無いのです。

では歯垢を落とすにはどうすればいいかというと、歯を磨く。これに尽きます。
歯をキレイに磨けば歯垢は落ちるので虫歯も歯周病も防げます。
そこにマウスウォッシュで口をゆすげばさらに効果倍増。

歯磨きで歯垢を落として、さらにマウスウォッシュで口内を清潔に保てば口内の健康は保てるというわけです。

だからこそ歯磨きは大切なんですね。
日々の歯磨きを丁寧にやればそれだけでも効果はあります。
でももっとキレイにしたくありませんか?

マウスウォッシュでうがいしすぎに要注意!

ただし、あまりマウスウォッシュでうがいをしすぎてはいけません。

特にアルコールが配合されたマウスウォッシュでうがいをしすぎると、良い菌まで殺菌してしまいます
そうなると、アルコール消毒できない菌が以上に繁殖してしまい、逆効果です。

毎回口内をアルコール消毒しているとイメージしてみてください。
粘膜にはあまり良いイメージは無いと思います。

口内を殺菌してキレイにするイメージがありますが、口内の菌は全部が悪い菌ではありません
何事もやり過ぎは良くない、ということですね。

 

マウスウォッシュを使うなら、日々の歯磨きに使う歯磨き粉もいいものを使ってみませんか?
日々の歯磨きなら歯磨き粉にも気を使うとより効果的。
歯を白くするために丁寧に磨き、ホワイトニング歯磨き粉を使えばより白くなります。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする