ホワイトニングをするならまずは歯石除去!保険適用内だからお財布の負担も少ないですよ

歯のホワイトニングを考えたら、歯の健康も考えましょう。
まずは歯医者さんに行って検診することをオススメします。

さて、あなたが前回歯医者さんに行ったのはいつですか?
たぶん覚えてないのではないでしょうか。
定期的に検診に行っていればきっと歯は健康でキレイだと思います。
そうで無いのであればこれを機に予約を取って行ってみましょう。

まずはホワイトニングに邪魔な歯石を取って、それから歯磨きのホワイトニングを始めましょう。

 歯石があるとホワイトニングは効果薄

歯磨きで歯のホワイトニングをする場合、歯石があると効果がありません。
歯石のある部分は当然磨かれないからです。
「歯石も一緒に磨いて取ってしまおう」と思う人もいるかもしれませんが、歯石は歯磨きでは取れません
ではどうすればいいかというと、歯医者さんで削って取ってもらうしかありません。

間違っても自分でガリガリと取ろうとしないでくださいね。
歯に傷が着いたらそこに色素が入り込んで余計に汚れてしまいます
せっかく歯を白くしようとしているのに汚してしまったら元も子もありません。

歯石を取るのは歯周病検診の範囲内で行うので、保険適用内です。
大体の相場は3,500円前後といったところでしょう。
(初診料+検診+歯石除去+虫歯検査など)

歯石の除去だけでは保険は適用されません。
これは、「歯石は疾患ではない」という考えに基づいています。

歯石除去だけでいいと思っても、いい機会だから普通に歯周病検診の範囲内で検診してもらいましょう。
もし歯周病や虫歯が見つかったら、むしろラッキーです。

治療が面倒だと思うかもしれませんが、
ここで見つからなかったら歯周病も虫歯もどんどん進行していきますよ?

歯石除去は1回で終わる?

歯石がそれほど付着していないのであれば、1回で済むかもしれません。
しかし、大量に付着していたり歯周ポケットにまで歯石が入り込んでいる場合はそうもいきません

「ちょっとでも取れたから1回でいいです」といってもそこで終わることはできません。
むしろ歯周ポケットにまで入った歯石を取らないで放っておくと、歯周病が進行していずれ歯は抜けます。

「歯周病が進行してからでいいや」なんて思わないでくださいね。
歯周病が進行した時はもう手遅れですから。

それに歯周病を放っておいたら口臭もひどくなります。
せっかく白くてキレイな歯を目指しているのであれば、それを邪魔するものはここで解消してしまいましょう。

歯医者は歯と口内の健康のための場所

病院に行くのは体がどこか悪くなってから、というイメージがあるかもしれません。
しかし、風邪を引いてから対策をするよりも、そもそも風邪にならないために予防することはみんなしてますよね。

歯に関してもそうです。
虫歯、歯周病にならないためにという予防歯科という考えを持ちましょう。
正しく歯磨きができていれば問題ないですが、なかなかそうもいかないところはあります。
年に1回健康診断をすればどこか悪いとこが見つかるかもしれません。

ところが歯や口内の診断はありませんよね?
だから年に1回でもいいので検診に行くことをオススメします
歯石は本人が思ったよりも付着していることが多いです。
鏡で歯の根元を確認してみましょう。

もしかしたら歯医者には良いイメージを持っていないかもしれません。
それは過去の治療によるところが大きいのではないでしょうか?
しかし、歯が健康であればそんなことは無いはずです。
それには正しい歯磨きができていれば問題ありません。
歯医者さんでは正しい歯磨きの仕方も教えてくれます

歯石を取って歯をキレイにしたら、次はホワイトニング歯磨き粉の出番です
使い続ければ白くなっていき、その白さをキープできますよ。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする