歯を白くするなら口臭予防も必須です!

kousyu

せっかく歯を白くしたとしても口臭があったら台無しです。
口臭の原因は何かを知ることで対策をすれば、歯の白さも含めた総合的な口の美と健康につながります。

口臭の種類は、

  1. 病気で起こるもの
  2. 生活習慣で起こるもの
  3. 精神状態など、ある瞬間だけに起こるもの

に分けられます。

病気で起こるもの

口臭がする場合は、まず病気の可能性があります。
この場合、たとえガムを噛んだりうがいをしても、元を断たないと口臭は無くなりません。
それではどんな病気が口臭を引き起こすのか?

・糖尿病
・気管支炎
・肺ガン
・胃炎
・胃腸炎
・胃ガン
・肝硬変

などがあります。

生活習慣で起こるもの

虫歯や歯周病が口臭の原因の場合なら、歯医者さんで適切な治療をすれば治ります。
虫歯が象牙質まで達して腐敗してくると、強い腐敗臭がします
これが神経が壊死するほど進行したら、さらに強い腐敗臭が起きます。

重症な歯周病の場合、嫌気性菌という腐敗臭を出す菌が存在します
重症な場合は歯周外科手術で歯周ポケットを浅くするまで口臭が続いてしまいます。
なお、口臭の原因の80%は歯周病とまで言われています

精神状態など、ある瞬間だけに起こるもの

例えば緊張した時、口の中が乾いてきませんか?
口内の唾液の量が減ると口の中が粘ついて、これが口臭の原因となります。
このメカニズムを簡単に説明すると、

  • リラックスしている時は副交感神経が優位に
    この状態の時は消化器官(口も含む)が活発になっているので、唾液もたくさんで出る
  • 緊張している時は交感神経が優位に
    そうなると、唾液の量も減り口の中がネバついて口臭の原因となる

ということです。

ところであなたはコーヒーはお好きですか?
コーヒーを飲むとカフェインが交感神経を刺激して唾液を減らし、利尿作用もあるので口内が乾いていきますのでご注意ください。

生理期間中は口臭が強くなる?

もし生理期間中に口臭がキツイかも・・・?と思ったら、まずは病気の有無、虫歯や歯周病のチェックをしてみましょう。
ホルモンバランスが変わったり乱れたりすると、もともと若干の口臭がある方は悪化します
特に歯周病だとそれは顕著に現れます。

ただし、生理中だから必ず口臭が強くなるわけではありません
月経不順やホルモン異常により起こる恐れもありますので、もし気になったら婦人科で検診を受けましょう。

歯がちゃんと磨けていても舌苔があると口臭がする

舌苔とは舌に付いている薄い膜のような苔上のものです。
歯が原因ではない時は、この舌苔が口臭の原因です

実際に舌のケアをしている人は48%というデータもあります。
歯磨きほどの認知は無いかもしれませんが、口臭を予防するなら、歯を磨く時に一緒に舌苔も専用のブラシを使ってキレイにしましょう。
ただし、あまりに強く磨いてしまうと、味を感じるセンサーである味蕾を傷つけてしまいますので注意してください。

 

ホワイトニング歯磨き粉には歯を白くするだけでなく口臭予防成分を配合したものも多いです。普段の歯磨きから効率よく白さと口臭対策ができれば一石二鳥ですね。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする