歯はどこが汚れやすいか?意識して磨くべきはこの部分!

koko_migaku

歯の汚れやすい場所はどこか?

キレイな白い歯にするためには、正しく歯磨きをして汚れを落とすことが基本です。
闇雲に一気に磨いても、それでは汚れも落ちないので意味がありません。

歯医者さんでピンク色の色素をつけてもらったことはありますか?
汚れが落ちていないところはピンクに染まり、自分が思っているよりも汚れが落ちていないことに「え・・・?」と思ったことがる人もいるかと思います。

そしてその部分は主に歯と歯ぐきとの境目、奥歯の溝だったと思います。
そこが歯磨きで重要な部分です。

歯が汚れやすいのは、歯と歯ぐきの境目、奥歯の溝、歯間、そして親知らずです

歯を磨くポイントは3つの域に分かれます

  1. 自浄域・・・主に歯の表面で食べ物がぶつかると自然に汚れが落ちてしまう部分
  2. 可能域・・・歯ブラシで磨ける部分
  3. 不可能域・・・どうやっても磨けない部分で奥歯の溝の中で膨らんでいる部分

さて、歯磨きでしっかり磨かなければいけないのは「2 可能域」です。
特に、前述した内の、「歯と歯ぐきの境目、奥歯の溝」です。虫歯になるのも大抵この部分です。

逆に言えば、前歯の表面に虫歯のある人はあまりいません。
つまりそこが、自然と汚れの落ちてしまう「1 自浄域」ということです。

歯間は歯ブラシが入らないところなのでフロスを使いましょう。
親知らずは一番奥に生えるので歯ブラシが届きづらい部分です。まっすぐ生えていない場合も磨きづらくなります。だからこそ虫歯になりやすいので注意が必要です

そして、可能域の効果的な磨き方は、こちらにも記載したスクラッビング法バス法です。
この2つを組み合わせて丁寧に磨けば汚れはキレイに落ちていきます。

磨き方がいい加減だったり、何日も磨かないでいると、汚れは全体に広がっていきます。
自浄域は適当に磨いてもいいということはありませんが、汚れが落ちやすいのでここを一生懸命磨くのは効率が良くありません。

歯磨きのポイントは、どれだけ可能域の汚れを落とせるか、というわけです。
汚れが落ちづらいと言うことは、当然その部分は黄ばみやすいということになります。
でもポイントを抑えて丁寧に歯を磨けば、健康でキレイな歯にすること難しいことではありません。

そして、歯を磨く時にホワイトニング歯磨き粉を使えば、より効果的に白くて美しい歯を手に入れられます。ただ白くするだけでなく、虫歯予防や歯周病に効果的な成分も豊富に配合されていますので、是非使ってみることをおすすめしますよ。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする