その歯のグラつきが大病の原因に?出産にも関わる歯周病の恐怖

 

taibyou

歯のホワイトニングも大事ですが、口内全体の健康も非常に大切です。
虫歯や歯周病予防はその基本と言えるでしょう。
歯周病は進行してしまうと歯が抜けてしまうので、絶対に罹患しないように予防するべき病気です。抜歯に至る原因の約4割は歯周病と言われています。

しかし、歯周病は「歯が抜けてしまう」だけではない、もっと大病の原因になってしまう恐ろしい病気です。
歯周病は歯肉の病気だと思われがちですが実は違います。
単に歯茎が炎症を起こしているなら、その炎症を抑えるだけで症状は良くなります。

歯周病は、歯肉の炎症によって活発になった破骨細胞が歯肉に面する歯槽骨を食べて減らしていき、徐々に歯を支えることができなくなる病気です。
要するに歯を支える骨が減っていくというわけです。

恐ろしいのは歯槽骨が減ると、歯肉の炎症が治まっても元の状態に戻りません
歯周病は症状がひたすら悪くなる病気で、風邪のように回復可能な病気ではないのです。しかも自覚症状がないまま進行していき、自覚した頃には手遅れ、ということもあるのです。

歯周病が糖尿病の原因に

歯周病が炎症を起こすことによりサイトカインという物質が作られます。
これが血管に乗って全身に廻ると、糖尿病になる恐れがあります

順を追って説明すると、

  • 歯周病になるとTNF-αという物質が作られる
  • これが血管内に入り込むと他臓器に影響する
  • すい臓に作用するとインスリンを作りにくくする
  • そうなると血糖値が上昇する

結果、糖尿病になってしまいます。
しかも糖尿病になると感染症になりやすくなるので、歯周病はさらに進行していきます。

糖尿病だけでなく、他の病気の原因にもなります。

歯周病の細菌のうち、骨を溶かす悪玉菌(ポルフィノモナス・ジンジバリス)は、血管に入ると粥状の動脈硬化を引き起こしてしまいます。

急性心筋梗塞では血管内から細菌(Aアクチノミセテムコミタンス)が検出されることが多く、抜歯や歯石除去後に発症することが疑われています。
特に、心臓に人工弁をつけている人は歯周病の菌が付着しやすいので要注意です。

歯周病は、ギネスブックに「最も多くの人が罹患している感染症」とまでいわれています。
もし歯がグラつくといった症状があったり、無くてもちょっと心配になったら迷わず歯医者さんへ行きましょう。

歯周病と女性の病気

歯周病は低体重児の出産にも関わります。これは飲酒や喫煙以上に関わっています

アメリカのデータでは、口腔内の60%以上に、ある基準以上の歯周病が見られた妊婦は早産または低体重児出産に対する危険率が7.5倍も高かったというものがあります。
なぜ早産や低体重児になるのか?
妊婦が歯周病の場合、妊娠37週未満に歯周病によるサイトカインの産生が多くなり、これが子宮筋を収縮するからと言われています

チリでは歯周病治療をしたグループはそうでないグループに比べて、早産・低体重児の発現率が約5分の1に減ったデータもあります。

日本では、切迫早産で早産・低体重児を産んだ妊婦の歯周病菌の数は、正期産の人よりも約4.5倍多く、血清中のサイトカインの量は約14倍多かったと言う報告もあります。

仮に、高齢出産となれば妊娠困難や早産が多くなる傾向あります。
そして歯周病も年齢とともに悪くなる傾向もあります。
だからこそ、歯周病の予防は妊娠を望む女性にとっても非常に重要なのです。

 

歯周病予防は正しい歯磨きからです。
正しい歯磨きなら健康で白い歯を保てます。
より効果的にケアするならホワイトニング歯磨き粉がオススメです。歯の美白成分だけでなく虫歯、歯周病、口臭予防にも効果的な成分が配合されています。
歯のホワイトニングとともに口内全体のケアを目指しましょう。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と健康