歯周病は重大な病気の元にもなります!甘く考えないでまずはどんな病気か知りましょう

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

歯をキレイにするということは、口内の健康を保つことにもつながり、それが体全体の健康にもつながります。
そして、これから年齢を重ねる上で気をつけたいのは歯周病です
ところで「歯周病」がどういうものか、知っていますか?

「歯茎が腫れて歯がグラグラする状態?」

くらいの認識のではないでしょうか。

「○○が⬜︎⬜︎になって、△△してしまう」

と説明できる人は少ないと思います。それでは歯周病がどういうものか見てみましょう。

歯周病は、実は感染症です

まず、歯周病は細菌の感染で起こります。
よく知られていませんが、実は感染症で立派な病気なのです。
ギネスブックには「世界で最も多くの人が罹患している」と載っているくらいです。

口の中には何百種類もの細菌が存在しています。
「何百種類の細菌がいる」という事実に「え・・・?」と引いてしまうかもしれません。
もちろん中には必要な菌もいるのでご安心ください。
そして、その中の、その名も「歯周病菌」が歯周病を引き起こします。

歯周病のプロセス

  1. 歯周ポケットにプラークがたまる
    プラーク中の歯周病菌が歯肉の炎症を起こす
  2. 歯周ポケットが深くなる
    プラークはさらに奥にたまる
  3. 歯を支える歯槽骨がどんどん減ってくる
    歯槽骨の露出を防ぐために破骨細胞が歯槽骨を食べる

結果、歯がグラつく。

と、このようなプロセスをたどります。当然、そのまま進行すると最終的に歯は抜けてしまいます。

歯周病は別の病気を引き起こします

「何をバカな」

とお思いかもしれませんが本当です。有名なところでは糖尿病の原因にもなります。

歯周病が炎症を引き起こすと「サイトカイン」という物質ができます。
それが血管内に入って全身に回ると、ゆくゆくは糖尿病を引き起こしてしまいます。
また、動脈硬化、急性心筋梗塞心筋梗塞などの原因ともなります。

もっと身近にある恐怖

それは口臭です。
歯周病患者の口臭はよく「ドブ臭い」などと言われます。
もし自分の口がそんな悪臭だったらと思うと、ゾッとしませんか?
特に臭いというのはなかなか指摘しづらいものです。
早めに気がつけばいいのですが、知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけていたり、陰でいろいろ言われているのを何かの拍子に知ってしまったら、かなり凹むのは想像に難くありません。

というわけでキレイな歯を目指す、ということは口内全体に関係し、体全体の健康に関わってくるということです。

病気の発見も歯のホワイトニングも、早めに気がつけば手遅れになることはありません。
自分に合ったホワイトニング歯磨き粉でキレイな歯と健康美を手に入れましょう。
何より健康的な美しさが一番だと思いませんか?

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と健康