ダイエットを考えるなら虫歯予防から始めてみませんか?

musiba

歯磨きといえば今も昔もやっぱり虫歯予防のイメージが強いと思います。
ところで虫歯がどのように起こるか知っていますか?
このプロセスを学べば虫歯予防もより効果的です。

虫歯は虫歯菌が起こします

虫歯は歯磨きを怠けたから起きるもの、という意識があると思います。
確かに正しいですが、意外にも虫歯は感染症です。
ただし、「虫歯菌」という名の菌はありません。
虫歯を引き起こすのは口内の乳酸菌、ミュータンス菌です。

口内のミュータンス菌が砂糖を食べると、デキストランという成分が作られます。
これはネバネバしていてうがいをしても取れません。
このデキストランの上にいろいろなバイ菌が付着します。
このデキストランにバイ菌が付着した状態になっているものをプラークと呼びます。
虫歯や歯周病の原因となりますが、歯ブラシでこすれば簡単に落ちます

このプラークに付着したミュータンス菌や乳酸菌は乳酸を作り出します。
これにより虫歯は引き起こされます。
「乳酸」というくらいなので作られる量が多ければ口内はどんどん酸性になり、歯の表面は溶かされていきます。これが虫歯の始まりです。

大元であるミュータンス菌が口内から無くなれば虫歯になることはありません。
しかし、残念ながら誰の口内にも存在します
ミュータンス菌は砂糖を餌としてデキストランを作り出すので、砂糖を全く取らなければ虫歯にならずに済みます。

とはいえ、日々の生活で砂糖を全く取らないというのも難しいです。
通常の料理にも含まれていますし、スイーツはどんな時でも美味しいものです。
大好きな甘いものを制限するのが辛いというならば、その影響を最小限に食い止めましょう。

虫歯のプロセスをもっと端的に表すと、

砂糖→デキストラン→プラーク→虫歯

となります。

ポイントは「砂糖を口の中から無くす」こと

それなら、口内のミュータンス菌が砂糖を食べてデキストランを出す前に、なるべく砂糖成分を早く口外に出してしまいましょう
甘いものを食べたらなるべく早くうがいをするのが効果的です。
口内に砂糖が無ければデキストランも作られないしプラークも形成されない、というわけです。

本来なら虫歯予防には砂糖の摂取制限が非常に効果的です。
それは波及効果としてダイエットにもつながります
砂糖を摂取し過ぎれば肥満や糖尿病といった生活習慣病になりやすくなりますが、虫歯や歯周病も同様に生活習慣病なのです

「虫歯予防のために砂糖を控えたら糖尿病予防にもなっていた」

という自然な流れで生活習慣病予防にもなるわけです。
虫歯の無いキレイな歯と共に、ダイエット効果でスリムでキレイな体も手に入るでしょう

虫歯になりやすい体質」というのはありません。
もし、あなたが昔からそういう体質だと思っているのならば、

  1. 正しい歯磨き
  2. 適切な歯科治療
  3. 砂糖の摂取を控える

ということを意識してみましょう。
ホワイトニング歯磨き粉には効果的に歯を白くするだけでなく、虫歯や歯周病予防成分も配合されています。
歯のホワイトニングと共に、口内全体の健康を目指しましょう。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯と健康