食べながら歯を白くする効果のある食べ物はこれ!

apple-1227320_640

色の強いものを摂取すればそれだけ歯に汚れが付着する可能性は高いです。
そんな時は食後に水を飲んだり口をゆすいだり、または歯を磨くという正攻法で色素の付着を予防していきます。

でも食べるだけで歯を白くする食べ物があればいいのにと思いませんか?
そんなわがままな食べ物が、実はあります。

歯を白くする代表的な食べ物はリンゴ!

フルーツも黄ばみやステインの原因になるのですが、リンゴにはその名も「リンゴ酸」という成分が含まれています。
これはどういうものかというと、エナメル質に着いた黄ばみを浮かせてはがれやすくする効果があります。
当サイトで紹介しているホワイトニング歯磨き粉でこのリンゴ酸が配合された商品は、
パールホワイトプロExトゥービーホワイトトゥースMDホワイトExに配合されています。

また、ナツメぶどうイチゴ梅干などにもリンゴ酸は含まれています。

パパイヤにも、これまたその名も「パパイン」という成分が含まれています。
たんぱく質を分解するので歯に着いた色素を分解すると言われています。パパインはキウイパイナップルにも含まれています。
当サイトで紹介しているホワイトニング歯磨き粉ではトゥービーホワイトトゥースMDホワイトExに配合されています。

学生時代、お弁当にフルーツを持ってきていたお友達はいませんでしたか?
もちろん本人が歯のことを意識して持ってきていたわけではないと思いますが、今考えると食後にリンゴやイチゴを食べるのは、歯の白さを保つのには非常に理にかなっていたと思います。

無意識にやっていたとしても、デザートに上記のフルーツを持たせてくれたお母さんに感謝ですね。

食物繊維を多く含む食べ物も効果的です

噛めば噛むほど食物繊維の繊維質が歯の掃除をしてくれます
つまり歯垢の付着を防ぐことができます。これが歯の黄ばみやステインなどの色素沈着を予防するのです。
食物繊維は排便の促進で腸内環境も整えられるので、歯の美容健康だけでなく、体全体の美容健康のために積極的に摂取しましょう

とはいえ、これらを積極的に摂取したからといってそれだけでOKというわけではありません。
食事をしたら歯を磨くというのはやはり基本です
白い歯を望むのであれば、正しいブラッシングで歯垢を取り除き、虫歯菌、歯周病菌を減らして口内の環境を整えることが重要です。
そして歯の白さを保ちたいというのであればホワイトニング歯磨き粉で丁寧に磨いて、美しい歯を目指しましょう。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする