原因を知れば対策は可能!そもそもステインとは一体何なのか?

wine-400739_640

テレビで流れる歯磨き粉のCMでも「ステイン」という単語をよく耳にするようになりました。

歯の汚れ=ステインという認識は皆さんの中にもあると思います。
しかし、いざ「ステイン」と言われても、果たしてどういうものなのでしょうか?
「ステインとはこういうものです」と、端的に説明できる人は、あまりいないのではないでしょうか。

「ワインとかの色が付くこと?」というくらいの認識だと思います。

はい、それで合っています。
でもまだ曖昧ですよね。それではステインがいったいどういうものなのかを学んでみましょう。

ステインって何だろう?

ステインとは、
コーヒーやお茶に含まれるタンニンという色素、そしてタバコのヤニなどが口の中の唾液と混ざって歯に付着したものがステインです。
また、ワインチョコレートカレー醤油などの色素の強いもの、そしてフルーツもステインの原因になります。

ここで「ん?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

実は、唾液には歯に汚れを付着してしまう性質があります
例えばワインの場合。ワインのポリフェノールの成分と唾液中の歯を保護する成分が結びつくと、ステインとなって歯に付着します。

ステインを付けない対策はあるの?

とはいえ、唾液が口内の健康を保ち、歯を再石灰化し、消化吸収の手助けもする非常に重要なものであることも事実です。

たとえ色素の濃いものを食べたとしても、ステインとして歯に付着するには数日かかるので、それまでに対策をとれば着色汚れは防げるというわけです。

なるべく付着を防ぎたいのであれば、色素の強いものを摂取した後は水を飲む、または水で口をゆすぐだけでも効果があります。
お茶を飲んだのであれば、口をゆすぐことで口内のお茶の濃度が下がるので効果があります。これならとても簡単ですよね。普段の食生活から意識してみましょう。

なお、ステインは乾いた歯の表面に付着することが多いです

もし寝ている時に口を開けている場合、または出っ歯の人の場合はそうでない人よりも付着しやすくなります。気をつけているのに最近歯の色が気になってきたというのであれば、この辺りもちょっと意識してみましょう。

基本的には、ステインの付着を防ぐのであれば正しい歯のケアをすることが大事ということになります。つまり、「食事のあとは歯を磨きましょう」という子供のころから言われていたことが、結局正しいのです。

ちなみに余談ですが、ステイン(stain=よごれ、しみ、着色)がレス(less=少ない)でステンレスという言葉になります。

しかし、付着してしまったステインを落とすのであれば、より効果的なのはホワイトニング歯磨き粉です。いつもの歯磨き粉で一生懸命磨くよりも、早く白くすることができますよ!

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする