あなたが歯を白くするために選ぶ、代表的な5つの方法!

tooth-1015404_640

歯を白くする方法はいくつかあります

歯の黄ばみ、汚れを白くするにはいくつかの方法があります。

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. ホワイトニング歯磨き粉
  4. 歯のマニキュア
  5. ラミネートベニア

1 オフィスホワイトニング

「すぐにでも白くしたい」というのであれば取る方法は間違いなくオフィスホワイトニングが効果的です。
クリニックで特殊な薬剤を使用して歯を白くするので、施術したその日から白さを体感できます。
ただし、1回1万円~7万円くらいの金額がかかりますので、手軽さという点では少々ハードルが高いです

2 ホームホワイトニング

もう少し安く、早くというのであればホームホワイトニングで白くするのがオススメです。
こちらは専用のマウスピースを作ってそこに薬剤を入れて自宅で2時間ほど着用することで歯を白くしていきます。
10日くらいから効果を実感できできるでしょう。ただし、2万円〜5万円ほどの費用と通院の手間もあります

3 ホワイトニング歯磨き粉

そこまで費用はかけられない、もっと手軽にというのであればホワイトニング歯磨き粉を使うのがいいですね。
安いものであればだいたい2,000円くらいから始められます
特別な事情で早く白くしなければいけないわけではないのであれば、毎日の歯磨きで徐々に白くしていきましょう。

4 歯のマニキュア

歯のマニキュアはその名の通り、歯に直接塗ることで白くさせます。
もしあなたがこれからデートなのにな〜んか歯の汚れが目立つ、という場合にはかなり即効性で効果があるでしょう。
amazonでも購入できますので気になる方はちょっとチェックしてみましょう。

5 ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯を薄く削ってその上からセラミック製のチップを貼ることで歯を白く見せます。

どれも「白くする」という点では効果がありますが、それぞれにメリット、デメリットはやはり存在します。

汚れではない場合はどうするか?

ただし、汚れではない場合で歯が変色している場合もあります。

例えば、歯は神経を抜いてしまうと内側から黒ずんでいきます
また、テトラサイクリン系の薬を服用したことがある場合も変色することがあります。

これらは汚れが付着しているわけではないので、ホワイトニング用歯磨き粉を使っても白くすることはできません。

歯のマニキュアは直接歯にマニキュアを塗るわけですから白くなるし即効性もありますが、白くムラなく塗るには意外とコツがいるかもしれません
また、爪のマニキュアと同じく徐々に剥がれていきます。

歯のチップも自前の歯の上に被せるので即効性はありますが、それなりの値段がします。
経年変化による変色もあるので、その時はホワイトニング用歯磨き粉で磨いても白くはなりません。その時はもう一度新しいチップを張り替えることになります。
ただし、テトラサイクリン系の薬で変色した歯やすきっ歯の治療には効果的です

付着した汚れを白くしたいけど、通院にかける手間もない。
何より金銭的に手が出ない。
というのであればホワイトニング用歯磨き粉で徐々に白くしていくのが一番やりやすく確実な方法です。即効性はありませんが、徐々に効果を感じ始めたらきっと毎日の歯磨きも楽しくなっていきますよ。

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする