食事由来の歯の黄ばみ対策は、まず食後に◯◯◯すること!

acrylic-paints-174638_640

黄ばんでいたり汚れていたりする歯よりも、白い歯でいる方が断然清潔感があるし、印象も良いものです。
みんながそうであれば良いのですが、なかなかそうではないのが現状です。
歯に色がつくのはなぜなのでしょうか?

食事をする限り歯の黄ばみの可能性はあります

まず大抵の場合、食べ物が関係しています
色素の濃いものを口に入れ続けたら徐々に歯は汚れていきます。
例えば、お茶やコーヒー、ワインなどです。見るからに色素の濃いものですよね。
また、カレーやパスタソースなども歯が黄ばんでいく原因となります。

困ったことに普段の生活で普通に摂取しているものが、歯を汚す原因となってしまうのです。
だからと言って、

「もうお茶もコーヒーもワインも飲まない!カレーもパスタも食べない!」

とはならないのが現状ですよね。
歯の白さには良くないかもしれませんが、食品単体で見れば様々な栄養素を含んでおり、歯の汚れを避けたいので摂取しない、というのも健康的とは言い難いです。

確かに歯の白さを保ちたいのであればなるべく控えることは大切かもしれません。
しかし、それがなかなかできない現状であれば、どうすれば色素の付着をなるべく避けることができるか、を考えることが健康的です。

一番簡単な対策は色素の強いものを摂取した後はうがいをする、または水を飲む
これだけでだいぶ違います。
簡単すぎて拍子抜けするかもしれませんが、こんな簡単な対策ならすぐ実践できますよね?
色素が歯に付着する前に洗い流してしまいましょう。

もちろん歯磨きまですれば歯の黄ばみの予防は完璧です。

また、歯の表面には目に見えない小さなキズがあることがあります(マイクロクラック)。
このキズは、寝ている間の歯ぎしりが強いため、歯がダメージを受けることでできてしまいます。
そこに色素の強いものを摂取してしまうと染まってしまうものです。

歯に色がつくのは食事以外の原因もあります

食事以外だと、

  1. タバコ
  2. 加齢
  3. 神経を抜いた

ことが主な原因になります。

1 タバコで歯が汚れる

タバコを吸うとどうしてもヤニで歯が汚れます。
このヤニ汚れはなかなか頑固な汚れで落ちづらいです。
また、歯周病の原因にもなりますので、できれば禁煙することをオススメします。

2 加齢で歯が黄ばむ

残念ながら歯は加齢と共に徐々に黄ばんでいきます。
歯のエナメル質はほぼ透明ですが、その下にある象牙質は元から黄色いのです。
加齢でエナメル質が徐々に薄くなっていくと、その下にある象牙質が透けてきて黄色く見えてしまうことがあります

3 薬の影響で歯が汚れて見える

もし幼い頃にテトラサイクリン系の薬を服用したことがある場合は歯が黄色くなってしまう可能性があります
まだ若いしタバコも吸わない、神経も抜いていないし毎日歯磨きしているのになんで変色しているのか?という方がいらっしゃればこの辺を疑ってみてみましょう。

4 歯の神経を抜いて歯が黒ずむ

虫歯がひどくて歯の神経を抜いてしまったら、歯は黒ずんでいきます。
神経は歯に栄養を送っているので、神経を抜いてしまうと栄養が行かず黒ずんでいき歯がもろくなってしまいます。

加齢や薬、そして神経を抜いた場合は、付着した汚れや黄ばみではないので歯磨きでは取れません。
もしこれを白くしたい、というのであれば、ホワイトニング専門の歯科でオフィスホワイトニングやホームホワイトニングが必要になります。

毎日の習慣からくる歯の黄ばみ汚れもオフィスホワイトニングやホームホワイトニングで白くできますが、いざやろうとなると結構な金額がかかります。

もっと手軽に白くしたいというのであれば、専門の歯医者さんよりは時間がかかっても、ホワイトニング歯磨き粉を使うことによって改善することができますよ!

 

簡単一覧で選ぶならこちらから!

タイプ別で選ぶなら↓から!

【とりあえず試してみたい!】 【値段を重視したい!】 【成分で選びたい!】

 - 歯をケアする